« チョコレェトとゴシックの不思議な関係 | トップページ | 感激!ヴァルデマール王国シリーズの最新刊 »

2006年2月 8日 (水)

麻薬効果。フジ子・ヘミング

Photo_1 ずっと前にNHKのドキュメンタリー番組で見かけて気になっていた、ピアニストのフジ子・ヘミング。

 女性。猫大好き。独身。才能がありながらチャンスに恵まれず、貧乏時代の長いアーティスト……とくれば、否が応でも親近感――といったら僭越だけれども、とにかく憧れのようなもの――がわいてしまう。

 とりあえず、一番ジャケットがかわいかった「憂愁のノクターン」を買ってみた。CDの解説でものっけから「流浪の音楽家」などと呼ばれている。なんてクール!

 私は、ロックの良し悪しなら少しはわかるが、クラシックやピアノについてはまったく無知なので、「何がいいのか」ということは説明できない。 ただ、一度聴いてみるとまた聴きたくなる。麻薬のようにクセになる、不思議な音楽。

|

« チョコレェトとゴシックの不思議な関係 | トップページ | 感激!ヴァルデマール王国シリーズの最新刊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28889/646611

この記事へのトラックバック一覧です: 麻薬効果。フジ子・ヘミング:

« チョコレェトとゴシックの不思議な関係 | トップページ | 感激!ヴァルデマール王国シリーズの最新刊 »