« 鳥の巣の作り方 | トップページ | すてきな聖歌(?)などなど »

2006年5月27日 (土)

遅まきながら藤田嗣治展のこと

Photo_6  ←購入した絵はがき。フランスパンを買う女の子など。ウットリ。

 もう終了してしまったが、この前の日曜の最終日に、国立近代美術館の藤田嗣治展を観てまいりました。

 初期の人物画の、蒼ざめた肌や、暗いプラム色の口紅などには、かなりゴシック的な要素があると思う。ただ、本格的なゴシックと認定するには、幻想性が足りない。

 大きな発見。黒人を淡い色で描けるのか。しかも美しい。

 モップで床掃除するアニキ(向かって右下)がとっても魅力的な「ライオンのいる構図」。例外的に好きだ。というのは、ここに描かれた裸男・裸女は、例外的に魂を持っている。

私は裸婦時代の作品の多くに見られる、「なんにもしてない裸の女」というのが気色悪くてものすごく苦手だ。

たとえば髪をとかしている女ならいい。全裸で花をつむ女や、全裸で泳いでいる女だって美しいではないか。「全裸で殴り合う二人の女」だって壮絶だろうし、「全裸でパンを焼く女」なんてのもシュールでいいと思う。

ところが見事に「なんにもしてない」「何考えてるかわからない」。笑ってもいないし、怒ってもいない。それは人ではなく、主体性を持たず、ただモノのように晒された肉の塊というべきだ。それなら素直に、人形かゾンビを描いてほしかった。私は人形とゾンビは好きだ。だが、それらだけが持ち得る要素を、人間に求めるのは許されない事だと思っている。

もし能動性も、生のエネルギーも、創造性もすべて剥奪された状態を「美」と定義するなら、それは一種の恐怖政治ではないのか。

 

けれども、晩年の動物や子供たちの絵は、少女も含めてすべて「何かをやっている」。買い物している子もいるし、遊んでいる子もいる。「動物宴」の動物たちは、貪欲に食い物をあさっている。小さなタイル風の連作もおもしろくて、まるで十人十色の個性あふれる人生模様のようだ。とにかく子供たちは、それぞれが「なぜそこにいて、何をしたいのか」という、明確な動機を持って存在している。自分の世界、自分の欲求を持っている。だからすてきだ。

私はやはり、絵のストーリー性に共感できてこそ技術にも感動できる。これは好みの問題かもしれないが、晩年作品の展示室に来て初めて、彼の絵をすばらしいと思った。いつまで観ていても飽きない。この藤田という人はまったく、私は彼の女になるのは拷問されてもゴメンだが、娘にならなりたい。

|

« 鳥の巣の作り方 | トップページ | すてきな聖歌(?)などなど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28889/1953914

この記事へのトラックバック一覧です: 遅まきながら藤田嗣治展のこと:

« 鳥の巣の作り方 | トップページ | すてきな聖歌(?)などなど »