« 暑くなると考えることシリーズ② | トップページ | 暑くなると考えることシリーズ④ 金魚虐殺事件 »

2006年7月31日 (月)

暑くなると考えることシリーズ③リジー・ボーデン手斧殺人事件

_001_2  8月4日は何の日か知っていますか?

 私にとっては重要な日。なぜならリジー・ボーデン事件が起きた日だから!

それは1892年、マサチューセッツ州のフォール・リバーという町で起きた未解決の事件。

そのときフォール・リバーは熱波にみまわれていた。連日40度前後の猛暑が続いたという。

そんな暑い暑い8月4日木曜日、ボーデン夫妻が、自宅で何者かに惨殺された。頭に十数回も刃物を喰らい、発見されたときは血まみれだった。凶器とみられるのは、地下室にあった折れた手斧。そして、容疑者としてあげられたのはボーデン家の三女、リジーだった。

ボーデン氏は葬儀屋業で成功した資産家で、リジーは彼の前妻の娘。殺されたボーデン夫人は後妻で、娘たちにとっては継母にあたる。

リジーは事件当時32歳、無職で独身。最初私は、結婚もせず特に仕事もしていないことから、「ちょっと変わった人だったのかな」と思ったが、そうではない。当時の中~上流階級の女性は、基本的に働かなかった。女性の活躍の場もなかったのだろう。それに、独身だからといって、調子にのって男友達と遊んだりすると悪い評判がたつ。また、結婚したとしても、メイドを雇えるご身分なので、ヒマな状況に大差はないと思われる。

では毎日何をしているのかといったら、教会関係のボランティアをしたり、女友達を訪問して過ごしていたようだ。

リジーもボランティア熱心で、日曜学校で英語教師をしている。事件の2年前には友人とヨーロッパ旅行に出かけた。事件の直前には姉と二人で友人宅に滞在していて、一足先に自分だけ帰宅している。

当時、このように暮らす独身女性はたくさんいた。リジーも、その中の一人でしかなかった。

地味で平凡な女性ということの他に、リジーが当時32歳という、この年齢も謎だ。

私も14かそこらの時なら、斧で親の頭をぶった切ろうと思った(こういう葛藤を経ることなく成長した人間というものが、私には理解できない。ところが私の周囲には、よほど満ち足りていたのか何なのか、そんなことは欠片も思わなかったという人が多い)。

十代、もしかすると二十代前半くらいまでは、魔性の年齢だ。衝動的に何かをやってしまう。その頃は、あたかも強烈な太陽に照らされたように、すべての感情が原色だった。愛するのも憎むのも全身全霊で、命がけだった。人を殺すくらいなんでもなかった。そういう狂気の時代があった。

しかし、いくらなんでも30を過ぎてまで斧で家族を叩き切ろうとは、私なら考えない。ひとつには、家族を嫌っていたとしても、大人になれば家を離れるという選択ができるからだ。

32で殺すくらいなら、なぜもっと前にやらなかったのだろう?

静かな憎しみが32年かかってじわじわと降り積もり、ある日突然、爆発したのだろうか?

リジーはいったん逮捕され裁判にかけられるが、証拠不十分で釈放された。

事件前は、極端にケチな父に、質素な生活を強いられていた。しかし事件後、彼女の生活は一転してゴージャスになる。

多額の遺産を受け継いだリジーは豪邸に引越した。そこで読書三昧にペットの飼育(死後は、遺言により動物保護協会に多額の寄付を贈っている)。そして豪華な旅行、美術館めぐりに劇場通い。お気に入りの女優や劇団員を招いてパーティ。若者に学資の援助もした。

まさに「私が金持ちだったらこういう生活をしたいわ」という、バラ色の人生なのだ。

妙にきこえるかもしれないが、私はリジーのこういう、いっそ小気味いい背徳ぶりが好きだ。「やっちゃったもんはしょうがないだろう」と思ったのか何なのか、とにかく罪を悔やんで苦しみ続けるような神経は持ち合わせていなかったらしい。彼女は、昔の王族かマフィアのような、冷徹な合理性を持っていたのだ。

私がこの事件を最初に知ったのは、アンジェラ・カーターの短編を読んだからだ。他にもこの事件をモチーフにした小説作品は色々あるらしい。

ノンフィクションとしては、「リジー・ボーデン事件の真相(仁賀克雄)」という本に、事件の詳しい経緯や裁判の模様などが書かれている。これを読むと、リジーの事件前後の行動は、かなりあやしい。それに、他に有力な容疑者も出ていない。

私がいちばんすごいと思うのは、ボーデン夫人が殺害された直後(と思われる時刻)の出来事だ。リジーは階段の上に立って、なぜか声をたてて笑っていたという(メイドの証言)。

彼女が犯人だとしたら、継母を斧でめった打ちにして、そのあと素早く返り血を洗い服を着替え、ケラケラ笑っていたことになる。

ただ、当時の鑑定技術の限界もあって、本当にリジーが犯人かどうかは、結局わかっていない。

リジーは無実だという主張を変えないまま、67歳で死んだ。もし私が彼女なら、死ぬ前に事件の真相をすべて書き記し、「死んだら新聞社に送ってくれ」とかなんとか、遺言に書いておく。あれだけ世間を騒がせたのに、サービス精神のない人である。

それとも、本当に暑さで一時的に頭がおかしくなって、後で何もかも忘れてしまったのだろうか?

人は、リジーが熱波のせいでイカれたのだという。

確かにこの事件は恐ろしい。

しかし、たとえ事件が起きなかったとしても、リジーの人生は悲しくも恐ろしい。愛のない家の中で籠の鳥となって終わるか、刑務所で終わるか、一か八かの大ばくちをやって、たまたま無罪放免になったのだとしたら。

|

« 暑くなると考えることシリーズ② | トップページ | 暑くなると考えることシリーズ④ 金魚虐殺事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28889/2871275

この記事へのトラックバック一覧です: 暑くなると考えることシリーズ③リジー・ボーデン手斧殺人事件:

« 暑くなると考えることシリーズ② | トップページ | 暑くなると考えることシリーズ④ 金魚虐殺事件 »