« 黒い裏庭 | トップページ | 雨の日にレディ・イン・ザ・ウォーター »

2006年9月24日 (日)

黄金の球体発見

Photo_17  久々に遠出したら、とある文房具屋の店先にこの金のボールが売っているのを見つけて、思わず買ってしまった(片手に乗るサイズ。127円)。

私は遠い昔、これとまったく同じボールを持っていた。そしてちょっと思い出のある品なのだ。

 

「かえるの王子」というおとぎ話がある。その冒頭で、お姫さまが金色の玉で遊んでいる。そして、その玉をあやまって沼に落としてしまうところから話が始まる。

他にも黄金色の球体が出てくる話はいろいろある。あるときは姫君や王子の持ち物であり、あるときは褒美の品、魔法の道具、あるいは運命の転換を告げるものとして登場する。

私はそういうおとぎ話が好きだった。それはまだ小学生にもならない頃のこと、私は早くもファンタジーな子供だった。

ある日、近所で遊んでいたら、年上の少年が「キンタマ」と口にしているのを耳にした。即座に黄金色の球体を思い浮かべた私は「えっ、金の玉!?どこにあるの?ねえねえ」とせっついた。しかし相手は口をつぐんで答えないし、いくらせがんでも見せてくれない。(この現場を偶然母親に目撃されたため、その後何年も家族の間で物笑いの種になり、悔しい思いをすることになる。しかし、この時の私はまだ真相を知らなかった)。

ただ私はこの現実世界にも金の玉が存在すること、そして誰か(たとえばあの近所の兄ちゃん)がそれを持っていることを知ったのだ。

数日後、この年上の少年が、公園でボール遊びをしていた。私は隅の方にいたが、ふと地面を見ると、夕陽の中であざやかに輝く金色の玉が落ちているではないか。それはただのゴムボールに過ぎなかったが、私にはまさしく宝物に見えた。

夕方なので、みんな遊び道具を片付けて帰ろうとしていた。私は彼を追っていって、「これあなたの金の玉でしょう」と言った。だが彼をはじめ、そこにいた子は全員「自分のボールではない」と否定した。

彼は、私が金の玉を欲しがっているのを知っていたので「いいよ、おまえがもらっちゃいなよ」と言った。私もそうしたかったが、ためらった。こんな貴重なものをもらっていいのだろうか。本来の持ち主が現れたらどうしよう。だが、彼の友人たちも「大丈夫だよ、持って帰っちゃいなよ」と言う。

私は結局そのボールを持ち帰り、長いこと大切にしていた。秘密を握っているような、ちょっとスリリングな気分だった(というのは、最初に金の玉について尋ねたとき、彼がやけに出し渋ったためだろう)。持っているだけで、物語の主人公になれたようでハッピーだった。

そして時を経て今また巡りあえた宝物なのです。

|

« 黒い裏庭 | トップページ | 雨の日にレディ・イン・ザ・ウォーター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28889/3566015

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金の球体発見:

« 黒い裏庭 | トップページ | 雨の日にレディ・イン・ザ・ウォーター »