« 災難にあってもかわいそうと思えない。その過程とは、 | トップページ | 特典映像の方がイイ……「ワンダフル・ラブ」 »

2006年10月29日 (日)

韓国アニメ映画祭

Miira  今日はアニメ映画祭「韓国アニメーション最新事情」を観るため、多摩センター駅へ。(写真は駅前でやっていたハロウィンのカボチャコンテスト。中央の棺には、ミイラがおやすみになっております。ステキ///

 たくさんの短編アニメ映画がカテゴリーごとに上映されていて、好きなクレイアニメも観られたし、芸術的なのもあり、哲学的なのもありで、傑作もいっぱい。地味で抽象的な感じのばかりだったらヤだな……と心配していたが(そういうのもあったけど)、起承転結のある明快な作品が多くてよかった。

 とくに音声が凝っていて、どんな小さな動作にもいちいち衣擦れの音をつけたりする。声優も魅力的で、生まれて初めて韓国語がセクシーに聞えた。

そしてイ・ミョンハ監督の「存在」。個人的に衝撃作。

このアニメは、捨てられた猫がバーに座って、偶然居合わせた犬にグチっている。それも人間の言葉ではなく、あくまでも猫の鳴き声でゴチョゴチョうにゃうにゃ言う。何を言っているかは字幕を見なければわからないのだが、ものすごく感情がこもっている。

ちなみに犬の声も犬らしくて、なぜ犬語と猫語で言葉が通じているのかは謎。そして犬の言葉に腹を立てた猫が、ついに大絶叫……というドラマ。とにかく、あの猫の役をやった人はすごい(それとも本物の猫の声を編集したのだろうか?)。

「バットマン」のキャットウーマン大好きな私。でも、こんなに不幸な役回りでも、バーでグチグチ言ってても、やはり猫は犬より輝いて見える――と実感(単に趣味の問題!?)

にほんブログ村 映画ブログへ

Doll そして、帰りに駅前のデパートで買ったマスコット。呪いの人形……ではなく、自分の災難をかわりにかぶってくれるというお守り人形シリーズ。

帰ってきてよく見たら、パッケージにキャラクター名や説明が書いてなかった。囚人服のやつが「SM」という名だったのは憶えてるんだけどな……。

|

« 災難にあってもかわいそうと思えない。その過程とは、 | トップページ | 特典映像の方がイイ……「ワンダフル・ラブ」 »

コメント

はじめまして。
コメントありがとうございます(^-^)
韓国アニメ観た事ないです。
多摩センターでやっていたんですね、知らなかった(>_<)
機会があればぜひ観てみたいと思います☆

また遊びにきます(^-^)☆

投稿: りんたろう | 2006年11月 4日 (土) 19時42分

りんたろう様
そうですね、パルテノン多摩 http://www.parthenon.or.jp
という施設があるんですが、前はフェリーニ特集をやっていたりして、けっこうおもしろいんです。
ご訪問ありがとうございました^^

投稿: 小宮 | 2006年11月 5日 (日) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28889/3999734

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国アニメ映画祭:

« 災難にあってもかわいそうと思えない。その過程とは、 | トップページ | 特典映像の方がイイ……「ワンダフル・ラブ」 »