« 紫のきみ | トップページ | 無敵の毛皮 »

2006年11月26日 (日)

ベルギー王立美術館展

Card  絶対混んでるよ……しかも忙しいんだよ……と思いつつ、今行かねばきっともう行けない!という予感がしたので、大急ぎで観て来ました。国立西洋美術館で、~12/10までの「ベルギー王立美術館展」。

←買った絵葉書のひとつ、ルイ・ガレ「芸術と自由」。袖の裂け目に継ぎの当たったボロいマントと、へたれた帽子がとってもステキ。19世紀のバイオリニスト像(バイオリンを持ってるんだけど、吟遊詩人みたい)。

 新しく知ったヤーコプ・ヨルダーンスのファンになってしまった。ポスターにあった「飲む王様」。私は最初本物の王族かと思っていて、「昔の王室ってさばけてたんだな」と感心していたが、解説によるとクリスマスパーティーのキング役ということだった。私は印象派みたいなのがどうも苦手で、このへんの制作年不詳の絵画群がすごく好きだ。

 そしてヤーコプ・ファン・スワーネンブルフ(なぜかファーストネームがかぶる人が多くてややこしい)の、「地獄のアイネイアス」も最高で、ダーク・ファンタジー炸裂の世界。

 幻想的なテーマは、近代からは亜流のもの、子供のもの、真面目じゃないもの、という地位に落ちてしまった。でも、昔はオカルトもファンタジーも正統な大人のジャンルで、一流のアーティストが大真面目に題材にしていたんだな……と、よくわかる。

 でも、人間が一つの集合体のようにワラワラ描かれているような絵を見ると、あんまり「個人」というものが重要視されていなかった時代なのでは、と思うことがある。中世の人は、とにかくどんどん産まれてどんどん死ぬ。一人ひとりが大切にされることはなく、みんなそれぞれ勝手に何かをやっていて、不遇のヤツもいるし若死にするヤツもいる。でも「だから何?」という時代。子供も大人も、今の人間から見たらまるで怪物のようにタフで、多分今とは違う生き物だったような時代。どことなくもやもやとして、見えないものや、暗黒の部分の多かった世界。

 そういう中で、昔の人は地獄とか、妖精とか、魔法とかを、本気で信じていたのだ。そして、犬や鳥たちもたくさん描かれていて、自然や動物たちが今よりもっと身近に、人と森と動物がいっしょくたに生活していたこともわかる。

 と遠くに思いを馳せつつ戻ってきたら、ウチの鳥が処女生殖してた……。

にほんブログ村 美術ブログへ

|

« 紫のきみ | トップページ | 無敵の毛皮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28889/4325617

この記事へのトラックバック一覧です: ベルギー王立美術館展:

» 19世紀のフィドラー [電影備忘録 -CINEMA MEMORIES-]
■ベルギー王立美術館展会場:国立西洋美術館(東京・上野公園)主催:国立西洋美術館 [続きを読む]

受信: 2006年12月 5日 (火) 00時02分

« 紫のきみ | トップページ | 無敵の毛皮 »