« 「エラゴン」の奇妙さ | トップページ | 「セクター7」 »

2007年1月28日 (日)

ジャック・ロンドンの犬が好き

070128_2157001_1 家の本棚で発見した「現代アメリカ文学全集」の中のジャック・ロンドンの巻。1958年発行で300円。昔の本って、なんだか装丁がオシャレなんだよな……(それにしてもどうしてこんな古い本があるんだ)

 ジャック・ロンドンは、子供にも有名らしい。私も小学生のころ家にあった文庫本をひっぱりだして読んで、「ソリ引き犬のお話♪」と記憶していた。それがたぶん『野生の呼び声』。かなり熱中して、読んだ後ものすごい満足感があったのを思い出す。

 それは人間から見た犬、物語の飾りとしての犬ではなく、本物のなまなましい犬が書かれていたからだと思う。犬の視線で、犬から見た世界が濃密に書いてある。それはケダモノとしての犬、泥まみれで毛皮の匂いがキツそうな犬、それでいてどこかカッコイイ犬。すごいタフガイな犬なのだ。

 ただ、今になってパラパラ読み返していると「もしかして犬好きの人はあまり読みたくないかもしれないな……」と思ったりする。(私はそれと同じ意味で「男が読みたくない女の話」を書きたいとひそかに願っている)

 私は犬か猫かといったら猫がいい。犬はお散歩やジョギングに付き合ってくれるからいいが、毎日散歩せねばならないとなると、それも大変だ。リーダーではなくお友達になりたいので、思考回路が上下関係を基本にしているところもイヤだ。忠誠なんか向けられても困る。私のためじゃなく自分のために生きてほしい。

 でもジャック・ロンドンの書く犬は魅力的だ。それはきっと、自分の人生を生きてる犬だから。

にほんブログ村 本ブログへ

|

« 「エラゴン」の奇妙さ | トップページ | 「セクター7」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28889/5116496

この記事へのトラックバック一覧です: ジャック・ロンドンの犬が好き:

« 「エラゴン」の奇妙さ | トップページ | 「セクター7」 »