« イベント行ってきました | トップページ | やっぱり観てしまった。「パフューム」 »

2007年3月12日 (月)

これはおもしろい。「4400」

4400  人前でうっかり「四千四百っておもしろいよね」と言ったら、一瞬話が通じなかった(「フォーティフォーハンドレット」と読むらしい)。とりあえずシーズン1だけ観た。

おもしろポイントはたぶん色々……

私はダイアナについて語ります。

ダイアナは、「X-ファイル」のスカリーのような、謎を調査する人。ただスカリーよりも愛嬌のあるキャラ。

冒頭で、「彗星が接近している」と自宅に電話がかかってくるが、そのときウォーキングマシンに乗っている。ここでたちまち、好感度UP(もしこれが、「ソファに寝そべってスナック菓子とビール片手にクイズ番組を観ている図」かなんかだったらこうはいかない)。

*9ヶ月人間です

離婚しそうになっているトムを慰めようと、「私の前の彼氏なんかね……」と語りだした。トムが「その彼氏とどのくらい付き合った?」ときくと、しれっとして「9ヶ月」と答え、「19年の結婚生活を9ヶ月と一緒にするな!」と怒られた。思わずテレビの前の私が「すいません」と謝っていた。すみません……もうよその夫婦のことはいっさい口にしません。

*女性の見えない努力をバカにするな!

前述の通り、自分の部屋でウォーキングマシンに乗っているダイアナ。にもかかわらずマイアに「朝食はコーラと冷たいピザ」と宣言。これは同じ女として、ちょっとわざとらしくてヤなスキの作り方。ヒマさえあればウォーキングマシンに乗り、いい年でありながらモデルのような体型。そんな人間が、朝からコーラとピザを食べるのか(フルーツ+サラダ+カッテージチーズ、もしくは低脂肪牛乳+雑穀シリアルならわかる)。

*落ちない女はかわいこちゃんで落とす

「独りの方が幸せな人間もいるのよ」と呟き、「そんなの言い訳だ」とトム反発(トムは昏睡状態の息子のために仕事も犠牲にして尽くしたという実績があるから許されるが、邪心の見え透いた人は言ってはいけないセリフ)。しかし男に執着しない女性であればこそ、逆に可憐な存在には弱いもの。美少女マイアに同居を迫られ、あえなく陥落。これは、どうせなら「独りでいいとか思った私が間違ってました。どうもすみませんでした」と言わしめるほどのすごいイイ男でも出せばいいのに、そんなイイ男が表現できないものだから可愛いブロンド少女でごまかすという、ちょっとズルイ手法(「エイリアン2」から始まった)。

いずれにしてもロマンス部門はショーンの担当だから、このへんのおじさんおばさん組にはあまり春は来ないかも……

他に注目のキャラは、カイル。ずっと眠ってるし、目覚めたと思ったら奇行に走ったりして、あまりいい顔で映っているところがない。シーズン1のラストで、ようやくハンサム君だと気付いた。スタイルも肉付きもバッチリ! この子がショーン役ならよかったのに。カイル、がんばれ……。

|

« イベント行ってきました | トップページ | やっぱり観てしまった。「パフューム」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イベント行ってきました | トップページ | やっぱり観てしまった。「パフューム」 »