« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月25日 (日)

毛の質感がフワフワ。「ハッピーフィート」

Happy_feet  ペンギンの繁殖行動は本当におもしろくて、私が好きなものの一つ。イルカの、ギャングのグループ抗争のような世界も大好きだが、ペンギンはそれとはまったく違った意味でおもしろいのだ。この映画では、そんなペンギンの実際の生態を踏まえつつ、ほどよく脚色されていてたいへん楽しい。

ペンギンは鳥の一種だけあって、現実にも歌でお見合いする。

オスとメスが出会うと、向かい合ってお辞儀をして、おもむろに合唱。何かが気に入らないと離れていって、また別の相手と向き合い、お辞儀→合唱。気が合えばカップルに。メスは産卵すると、オスに卵を預けて出張。残されたオスは大きな輪を形成して寒さから身を守る。さらに、外側の方が寒いため、内側と外側のメンバーを刻々と入れ替えて不公平にならないようにするという協調性!

ペンギンの本は色々あるだろうけど、私が読んだのは動物行動学の本「良い父親、悪い父親(ジェフリー・M・マッソン著)」↓

Book_1 動物に対して人間が持っているイメージの一つに「すべてのオスは西部劇風の流れ者で、子育てはしない」というのがあるが、それを払拭する、反証の素材を集めた本。ペンギンは、オスが卵を抱く種として紹介されている。

ペンギンがいったいどんな基準で、歌から相手の好き嫌いを判断しているのか、人間には想像がつかないところ。でもグロリアの美声は本当にクールでセクシー。ペンギンにはこんなふうに聞こえているのだとしたら「なるほど、これならモテるだろうな」と思う。

でも、もし、歌を歌えないペンギンがいたら本当にカップルにはなれないのだろうし、魚が減っているのも本当だろうし、マンブル君のように水族館に収容され正気を失ったら二度と出てはこられないだろう。

 ペンギンたちの抱える問題は妙に現実的なのに、その解決法は超現実的でファンタスティック。そんな現実と虚構のコントラストが、なんともいえない物悲しさを醸し出す。なんか、けっこう悲しい映画だったな……。

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

やっぱり観てしまった。「パフューム」

20061215001fl00001viewrsz150x1プラセンタ(胎盤)エキスという老化に効く美容成分がある。これが出始めた当初、「東南アジアで乱獲された猿を妊娠させ、その胎児を殺して作られている」という怪談があった。もちろんただの噂だが、じゃあ実際はどうやって作っているのかといったら、私はいまだに知らない。本当の製法を詳しく明かしてイメージを払拭してくれる会社があってもよさそうなのだが。

このように、化粧品には常に暗い側面がある。この映画もそんなお話……

天才調香師ジャン=バティスト、双子の処女から抽出したフェロモン(?)を、自分につけた。すると、叱りつけようと思ってツカツカ寄ってきた男の上司が、何だかわからないが出鼻をくじかれ、思わず丁寧な口調になってしまった。このへんは、ありそうで怖い。しかし最後にいくにつれてだんだん現実離れしたブッ飛んだ展開になってきます。

ただ、私だったら、もしすごく気に入った香りがあったら、たとえ調香師があの下郎だったとしても(いい気持ちはしないが)ためらわず買う。そういう意味で、美は道徳を超越したもの、と私も思う。この映画の結末は、そんなきわめて女性的な(どうしてかというと、たとえばお金や工学が正義を超越するという話だったら私は認めない。超越していいのは美や芸術やエロスだけなのだ)観念に基づいて、それを増幅させた表現だった。

ジャン=バティストの俳優は、演技が上手いというだけでなく、ルックスからしてすごいハマり役。なぜなら、私がMYジンクスの中で「男性として最も危険な組み合わせ」と思っている外見上の特徴をぜんぶ持っているから。この特徴のある人を3人ほど知っているが、性格にもちょっとした共通点があるのだ。べつに殺人犯になるという意味ではなくて、現にこの俳優だって(「パーマかけてるけど実は直毛なんです」といわれたら関係なくなってしまうが)、俳優として立派に活躍している。じゃあ何が危険なのかと言われると説明しにくいのだが、とにかくこういう感じの人がいたら、女性は間違っても、遊びや同情など、軽い気持ちで親しくしてはいけない。また、年上の女性にかわいがられる傾向にあると思っていたら、これも映画の中でちゃんと表現されていた。お見事!

 

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

これはおもしろい。「4400」

4400  人前でうっかり「四千四百っておもしろいよね」と言ったら、一瞬話が通じなかった(「フォーティフォーハンドレット」と読むらしい)。とりあえずシーズン1だけ観た。

おもしろポイントはたぶん色々……

私はダイアナについて語ります。

ダイアナは、「X-ファイル」のスカリーのような、謎を調査する人。ただスカリーよりも愛嬌のあるキャラ。

冒頭で、「彗星が接近している」と自宅に電話がかかってくるが、そのときウォーキングマシンに乗っている。ここでたちまち、好感度UP(もしこれが、「ソファに寝そべってスナック菓子とビール片手にクイズ番組を観ている図」かなんかだったらこうはいかない)。

*9ヶ月人間です

離婚しそうになっているトムを慰めようと、「私の前の彼氏なんかね……」と語りだした。トムが「その彼氏とどのくらい付き合った?」ときくと、しれっとして「9ヶ月」と答え、「19年の結婚生活を9ヶ月と一緒にするな!」と怒られた。思わずテレビの前の私が「すいません」と謝っていた。すみません……もうよその夫婦のことはいっさい口にしません。

*女性の見えない努力をバカにするな!

前述の通り、自分の部屋でウォーキングマシンに乗っているダイアナ。にもかかわらずマイアに「朝食はコーラと冷たいピザ」と宣言。これは同じ女として、ちょっとわざとらしくてヤなスキの作り方。ヒマさえあればウォーキングマシンに乗り、いい年でありながらモデルのような体型。そんな人間が、朝からコーラとピザを食べるのか(フルーツ+サラダ+カッテージチーズ、もしくは低脂肪牛乳+雑穀シリアルならわかる)。

*落ちない女はかわいこちゃんで落とす

「独りの方が幸せな人間もいるのよ」と呟き、「そんなの言い訳だ」とトム反発(トムは昏睡状態の息子のために仕事も犠牲にして尽くしたという実績があるから許されるが、邪心の見え透いた人は言ってはいけないセリフ)。しかし男に執着しない女性であればこそ、逆に可憐な存在には弱いもの。美少女マイアに同居を迫られ、あえなく陥落。これは、どうせなら「独りでいいとか思った私が間違ってました。どうもすみませんでした」と言わしめるほどのすごいイイ男でも出せばいいのに、そんなイイ男が表現できないものだから可愛いブロンド少女でごまかすという、ちょっとズルイ手法(「エイリアン2」から始まった)。

いずれにしてもロマンス部門はショーンの担当だから、このへんのおじさんおばさん組にはあまり春は来ないかも……

他に注目のキャラは、カイル。ずっと眠ってるし、目覚めたと思ったら奇行に走ったりして、あまりいい顔で映っているところがない。シーズン1のラストで、ようやくハンサム君だと気付いた。スタイルも肉付きもバッチリ! この子がショーン役ならよかったのに。カイル、がんばれ……。

| | コメント (0)

2007年3月 4日 (日)

イベント行ってきました

3月3日の展示即売会、Alamode Market 8 に行ってまいりました。

Imgp0251 Blog

←まだおウチ。おめかし中です

荷物の入ったトランクを転がして川崎駅を出たものの、それらしき人が誰もいない……。本当にこの出口でいいのか? しばらくゆくと前方に美少年が、海賊の旗をはりつけた赤いトランクを引いていらっしゃる……。よし、あの旗に続け!(おかげさまで無事に到着できました)

↓MYブース。準備中です

Imgp0257

Photo_27

今回出品した本、「人狼の庭」です。

SUPPURATE SYSTEM のRYONAI 様にデザインしていただいた、美しい表紙つき……(そのせつはお忙しい中お世話になりました)。

※こちらでも在庫販売いたします。少しでも興味を持ってくださった方は、どうぞサイドバーの「個人誌」もごらんください。

お買い上げくださった方、本当にありがとうございます。ちょっとだけ立ち寄って手に取ってくださった方もありがとうございます。

立ち読みしたり、店主とお喋りしたりしたら「買わなきゃ悪いんじゃないか」と思われそうですが、ぜんぜんそんなことはないんですよ。一人で店番していて誰も来ないと本当に退屈しちゃうので、買わなくても何でも、足を止めてくださるだけでも嬉しいものです。

にほんブログ村 本ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »