« 10代で人妻になることの悲劇!? | トップページ | 「老妓抄」岡本かの子 »

2007年7月30日 (月)

火器類の魅力

Imgp1897  昔はレストランや喫茶店でマッチを配っているところが多く、パッケージもそれぞれ個性的なので、大量にコレクションしていた。しかし引越しを繰り返すうちそのコレクションを捨ててしまい、最近マッチを配っている店が少ないので、また買った。

↑雑貨屋さんで一箱105円。石榴のイラストのがお気に入り。

久しぶりに手に取ったらば、マッチ愛が再燃。紙の箱、木の軸、火薬の匂い、シュッと擦るときの感触、火がつくときのボッという音、すべてが神秘的でかわいい。

中学時代の私は、もいつなんどき天変地異が起きてもおかしくない、といくらか本気で思っていて、常にライターとカッターナイフを制服のポケットに入れて持っていた。(決して私が特殊な子供だったわけではない。1999年に地球が終わるとか、荒廃した未来を描いたSFが流行ったり、「文明が行き着くところまで行ったらあとは壊れるしかない」「世界は滅亡に向かっている」等などの言葉があふれていて、実際に終末の雰囲気だったのだ)。もちろん現実に何かが起きたらこの程度の道具でどうにかなるわけでもないのだが、お守りみたいなものだから、持っているだけで満足なのだ。あるとき学校の所持品検査でこれが見つかって咎められ、カッターはまあよしとされたが、「たとえタバコが出てこなかったとしても、ライターを持ち歩いていたら喫煙を疑われてもしかたない」と先生に注意された。ああ、流行に鈍感な先生には、ひしひしと迫ってくる危機感や滅びの風の匂いがわからないのだ。とそんな調子で聞く耳持たず、やっぱりひそかに持ち歩いていた。すると友達が「ライターがダメならマッチにすればいいじゃない」と言う。当時、わざわざマッチでタバコに火をつける不良はいなかったから、マッチなら疑われないというのだ。私は「もし大洪水になったら湿って火がつかなくなる」と反対した。

そう、湿ったら火がつかなくなる……。しかしそんな時には燃やす物もないはずだから、結局同じことのような気もする。

大人になった今では、滅亡や終末はあの頃に思い描いていたようなドラマチックで唐突なものではなく、もっとゆっくりと、じわじわとやってくるものだと知っている。1999年を過ぎても(一説で真の終焉といわれる2012年を過ぎても)、やっぱり人生は続くのだとわかっている。

で、マッチ。たしかにちょっとした欠点はあるのだが、そんな脆さがまた愛らしい。

|

« 10代で人妻になることの悲劇!? | トップページ | 「老妓抄」岡本かの子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28889/7323723

この記事へのトラックバック一覧です: 火器類の魅力:

« 10代で人妻になることの悲劇!? | トップページ | 「老妓抄」岡本かの子 »