« 最近のお気に入り | トップページ | なぜ巫女を骨抜きにするのか? »

2007年8月27日 (月)

豹柄の花

Imgp1901  ユリは白よりオレンジがだんぜん良い。植物のくせに妙にアニマルチック。豹柄なんです。

10代の頃、豹柄大好きだった私は、ある日「世界悪趣味大辞典」(今は絶版)という本に豹柄がとりあげられているのを見つけてビックリ。「こ、これは……あたしってもしかして悪趣味……?」

でも、私が発見した豹柄を着こなす奥の手がいくつかある。まずは髪の毛を茶色や金に染めない(染まっている場合は一日だけ黒くする)こと。髪さえ真っ黒にしておけば豹柄や蛍光グリーンを着ても決して下品に浮ついては見えない。一種の重みや深みを残しておける――ような気がした。また、自分が肉感的なグラマーと程遠い(今もだが)。だからユリと同じく「がんばって豹柄なんか着てるけど、しょせん植物ですから。ほほほ」という顔ができたこと。あとはメイクの色味を抑え、アクセサリーをじゃらじゃらしすぎなければ、「目立ちたいわけではなく、性的な下心があるのでもなく、本当に豹柄が好きで豹柄を着ている真の豹柄愛好者」になれるはずなのだ。(ちなみに牛柄愛好者というものがいる。彼女たちは、心から牛柄が好きで牛柄を着ていることを誰も疑わない。しかしなぜ豹柄はいろんな意味で誤解を受けてしまうのか)。

ただ20代になって服の豹柄はやめた。やめたのだが、豹柄の布団カバーを手に入れたので、それで満足した。そのカバーは安い柄物にはめずらしく、化繊ではなく綿100%で、通気性抜群で生地も丈夫。何年も使っていた。でも冬のある夜ストーブを近づけすぎて、大穴を開けてしまったので捨てた(残念だが、熱に焦げて穴があいた……というのは豹柄にふさわしいホットな最後のように思えた)。その後も豹柄の寝具(しかも綿)を探したが、同じものには二度と巡り合えなかった。

 そんなわけでこのユリは、久々に出会ったはかない豹柄。アニマル柄は原始的な所有欲を刺激する。麻薬のように、どこか深い部分に訴える魔力を持っている気がする。

|

« 最近のお気に入り | トップページ | なぜ巫女を骨抜きにするのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28889/7692248

この記事へのトラックバック一覧です: 豹柄の花:

« 最近のお気に入り | トップページ | なぜ巫女を骨抜きにするのか? »