« 「銀色の愛ふたたび」を読んだ | トップページ | 「くだんのはは」 »

2007年10月28日 (日)

「見殺し」について考える

Imgp2622 Imgp2624_4 かぼちゃコンテスト。今年はミイラさんがよく見えない……

←狼男がすてき

 ここ最近、ちょっとTVをつけると、子供たちが集まって「いじめられている子を助けることができるか」と話し合っていることが多くなった。

 そこで見殺しについて考える。

 助けても自分になんら害の及ばない状況なら、いくらでも助けたらいいと思う。ただ、多くの子が「助けると今度は自分がやられる」と言っている。こうなると、生き抜くために一種の技術が必要になり、風の向くまま気の向くままに気楽に人助けしてはいられなくなる。

そんな状況では、どうしても助ける相手を選ばざるをえなくなる。問題は、そのいじめられている子が、自分がやられたとき味方になってくれるのか、つまり自分が危機に陥ったとき「恩返しをしてくれる人なのかどうか」という点だ。

「恩を仇で返されてもなんでもいいから、とにかく助ける」という人は、たいへん立派で、偉いと思う。でも私はそこまで立派ではないので、かなりの確率で自分を裏切るとわかっている人は助けられない。

 助けても助け返してくれない人には、いくつか理由がある。まず、基本的に根性が悪くて「自分さえよければ他人はどうなってもいい」と思っている。または、余裕がなくて人のことにまで気がまわらない。三つ目は、とにかく気が小さすぎてあてにならない。そして悪気はまったくないし、良心的な人物ですらあるのだが、結果的に人を見殺しにする。

 第三の人物が存在するということについて、私は最初まったく思いつかなかったのだが、たとえばこんなことがあった。

数年前、ちょっとした事故のような件で、見知らぬ女性に助けていただいたことがある。この見知らぬ人は、舌を巻くほど素早い行動力を見せた。私はその時一人ではなかった。しかし私の本来の連れは、何もしないで後ろの方でポカンと立っていた。

 大事に至らなかったので私は気にしていなかったが、当人が気に病んで、「なんとかしなきゃ、しなきゃと思いながら、どうしても身体が動かなかった。たいへん申し訳ない」と謝られてしまった。

 「申し訳ない」と反省してくれたのだから、次に何かあったら真っ先になんとかしてくれるかというと、それはわからない。スポーツでも恋でもなんでも、いったん身体に「逃げ癖」みたいなものがついてしまうと、泥沼にはまったようになって抜け出すのが難しい。いくら頭では動け、動けと焦っても、どうしても身体がついてこない状態に陥るのだ。この人はその状態に入り込みやすい人かもしれない。

 もしこれが戦場だったら、この人を戦友として信頼するか? ちょっと危険な賭けだ。

 ただ、適材適所という言葉があって、映画じゃないんだから、素早く派手な行動をするだけが人助けではない。人助けとは本来その場限りのものではなく、気が遠くなるほど地道で忍耐を要する作業であるはずだ。

 大火事になったとする。そこでテキパキと行動して、大事な友達を助けた。これを仮に、精神の瞬発力と呼ぶことにする。

 親友は一命を取り留めたが、大火傷を負って看病することになった。重症の友達。思うように回復せず、人に当り散らす。それでも踏みとどまって看病し、リハビリまで付き合ったとする。これを精神の持久力と呼ぶとする。

 人間を見てみれば、瞬発力・持久力ともに持っているらしい人もいるが、どちらか一つしか持ち合わせていない人、あるいはどちらかに偏っている人もいる。

ぽかんと後ろに立っていた例の人は、瞬発力に欠けるが、持久力はあると私は思っていた。だから、パッと行動すべき場面でそれができなかったからといって、べつにダメ人間ということにはならない。

ただ、たとえば大災害の現場とか、戦場やスラム街や刑務所、あるいはいじめが横行している学校など、とにかく瞬発力がものをいう場面ではこの人は魅力を失い、「助けても恩返しをしてくれない人」ということになってしまうかもしれない。

と、こんなことを言うと、「じゃあ日本の学校は刑務所だとでもいうんですか」と怒られる。私は「それ以外の何ものでもないだろうよ」と思うのだが。

 それはそれとして、人それぞれ個性に応じた人助けの方法があるはずだ。「こうしなきゃいけない」という思いこみを捨てればきっと何かが見えてくると思うわけです。

 

|

« 「銀色の愛ふたたび」を読んだ | トップページ | 「くだんのはは」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28889/8656992

この記事へのトラックバック一覧です: 「見殺し」について考える:

« 「銀色の愛ふたたび」を読んだ | トップページ | 「くだんのはは」 »