« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月26日 (月)

一少女より「幸福の王子」に寄せて

419nfyvwakl_aa240_1  私の記憶からいって、大人が「良い」と考えた物語を、子供は必ずしも良いと思わない。最近新訳が出たらしいオスカー・ワイルド著「幸福の王子」について、少女からの正直な印象を言わせていただきます。

 私は小学生のころ、これを本でも読んだし、なんという劇団だか忘れてしまったが、子供向けの劇団の公演でも観た。そして子供ながらにいやらしい感じがして非常に納得いかないお話であった。

 ストーリーは、

 広場に金箔で飾られた王子様の銅像が建っていたが、この銅像がツバメと会話しているうちに「貧しい人を助けたい」と使命感に目覚める。そしてツバメに頼んで自分の表面に塗装された黄金を少しずつ剥がしてもらい、困っている人に配ってもらう。この慈善事業に夢中になるあまりツバメは移動の季節を逃して死ぬ。王子もすべての黄金を配りつくしてみすぼらしくなったので取り壊される。しかし天使たちが二人の魂を救い上げてくれる。

 まず私には「ヒーローの彫像」という発想がなかったので、「まあお人形みたいなものかな」と思った。そして「人形が高尚なことを考えている」という発想がものすごく不気味だった。主人への愛、着飾る喜び、捨てられた虚しさ、その程度が人形に許される限界であって、慈善事業などもっての他である。ただ、この王子様は公共の場に建てられたもので、特定の主人を持っていない。万人の飾り物である。それでも飾り物なんだからおとなしくキラキラして目の保養になっていればいいのに、「人助けしよう」と自発性を持つ。「せめておまえの豪華な美しさでこの不景気な世を明るくしてくれ」と思ったのかもしれない製作者の意図を裏切ったともいえる(少女は理屈抜きで美しいものが好きなのです。あしからず)。

ともかく彼は「みんなが困っているのにボクだけ金ピカでいるのもなんだなあ」と気付いてしまった。そこでツバメに仲間をたくさん集めてもらって、「さあ配ってきてくれたまえ」と一気にバサッと黄金を脱ぐなら男前である。ところが彼はやることが細かいというかなんというのか、この黄金、つまり人間ならば服に相当する部分を、少量ずつちょこちょこ剥がして配る。おとぎ話なんだから「夜中に王子の像が動き出し……」という展開もアリのはずだが、彼はあくまでも動けない。だからツバメにやってもらう。自分の服をちょっとずつツバメに剥がさせていく。しかもそれが公衆の面前で進行している。

なんだかストリップみたいである。子供だからさすがに「ストリップ」という言葉は浮かばなかったが、「えーっ、やだぁ」と、何か俗悪な印象を受けた。最後の方になって、王子の黄金塗装が尽きたので、眼球としてはまっていた宝石を提供する。ここに至ってようやくエロいなどというレベルから完全に脱却し、話が美しくなってくる。

しかしなんといっても、ツバメを死なせてしまったことが王子への反感の最大の原因だろう。自分が彫像だから生き物のもろさがわからなかったのか、それとも人助けを考えるわりには身近な者への配慮を欠いた、トボケたところがあったのだろうか。貧乏な人ばかり気にして、相棒であるツバメを気遣うセリフが一つも出てこないのはどうしたわけか。

気遣いとは「ツバメさん、そろそろ南国へ行かなくていいの?」なんて尋ねることではない。ツバメが渡りの時期を逃しそうになった時すかさず「ボクは慈善活動に嫌気がさしたし、おまえのアホ面も見飽きたよ。ああ鬱陶しい、もう来ないでくれ」と言うことである。

 と私は思っているのだが、こうなるとちょっと韓国ドラマに出てくる男みたいである。こういう「やさしさ」は東洋人特有の発想なのか。それともワイルドの時代にはなかった、現代的な発想というべきなのだろうか?

にほんブログ村 本ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

「牝猫」を観た

Imgp2662_2 たまたま「怪~Ayakasi~」というアニメの「牝猫」という3回シリーズを観たのだが、これが思いがけなくたいへんおもしろかった。
 まず画像が個性的でステキ!
 わたしも日本美術史はちょっとかじった程度でほとんど何も知らないが、何も知らなくても充分おかしいこのめちゃくちゃぶり。ふすまの絵などはもう完全にファンタジーの世界で、「こんな家あるわけない」としか言いようがないのだが、この破天荒さが良い。ある意味、昔の西洋人が考えた「日本のお屋敷」みたいな、「日本だけど日本じゃない」世界。そしてオープニングソングもラップで、なんだかお洒落だ……。

 物語は、ある領主の屋敷に化け猫が襲ってきて大騒動になるが、どこからともなくフラッと来た薬屋の男が退治してくれる(ちなみに無料でやってくれるのは、薬屋という副業があるためか)。

 と、本筋はありがちでつまらないのだが、味付けというか料理の仕方がおもしろい。

 化け猫とごたごたしているうち25年前の誘拐・監禁・殺人事件が明らかになってゆくのだが、このあたりはそのまま舞台を西洋の城に変えてもいいようなゴシック色の強い内容で、とても魅力的。
 「魔物には魔物の理屈があって、それは人間の常識とは違うのだ」と説明する薬屋。
 これはそのまま人と人との間の齟齬、たとえば犯人と被害者、あるいは男と女の認識や行動原理の違いとも置き換えられる。暴行殺人犯のじいさんが事件を恋愛仕立てにしたあげく、最後まで「わたしは嘘などついていない」と言い張るのも、とかく齟齬というものを体現していて良いと思う。

 この薬屋エクソシストには他の事件を扱ったシリーズもあるらしいのだが、よく見たら脚本家から美術監督まで、とにかくスタッフがぜんぜん違う。だから気になりつつも、あまり観たくない。

 ↑の写真はぜんぜん関係ないけど道端に落ちていたマゼンダ色の木の枝。何の木かは不明だが、自然の色にしては妙に鮮やかで驚き!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

鯉をみると思うのは・・・

Koi近所のおでぶちゃん。ショッピングバッグの似合いそうなバックシャンです。

肥満の原因となる遺伝子については昔から研究されていたが、最近ではそれを「倹約遺伝子」と呼ぶらしい。

 人類の歴史はすなわち飢餓の歴史といってもいいほど、太古の昔からつい最近に至るまで、食糧難の時代の方が圧倒的に長かった。だから人間は、摂取したカロリーをなるべく消費しないように、体内に貯蓄して節約するようにできている。しかし食料の豊富な現代では、この節約体質が肥満のもとになり、かえって健康を害する……というお話。

貧しさの中で生き延びるためのシステム、それが倹約遺伝子――。

 最近、これについて疑問に思うことがある。倹約遺伝子を持つ人間が、少ない食料と過酷な肉体労働の中で効率よく生き延びてきたのはわかった。では倹約遺伝子を持たない先祖たちは、いったいどうやって生き延びていたんだろう。

 

a)すぐれた運動能力を持ち、他人より多くの獲物をとることができたため、倹約遺伝子が必要なかった。

b)運動能力はないが、対策を講じ、罠や武器を作るなど、技術的な才能があった。

 中年になってから太る人も多いが、これは若い頃ほど獲物がとれなくなるため、体が「活動と消費」から「節約」に切り替えるのか(ただし古代人は平均寿命が30代という話もある。そうなると中年も何もない)。

 

 ところで、私も倹約遺伝子をあまり持っていない。それではすぐれた運動神経や工学的な才能があるのかといったら、それもまったく無い。

私と似た遺伝子型を持った先祖たちはいったいどうやって生き延び、太らないのはいいが、飢餓の時代には真っ先に絶滅したに違いないこの遺伝子型を現代にまで伝えたのか? 「人間はどうして太るのか」よりも、そっちの方がむしろ不思議だ。

ところで男女を問わず「ぽっちゃりした人が好き」という人は多い。「なんで?」ときくと「やさしそう」と言う。太めの人間がみんなやさしいのかというと大いに疑問だが(ぽっちゃりした女性といえば、むしろ男を尻に敷くタイプが多いような気がするのだが)、私から見てもなんとなく思うのは、

 太めの人は残虐性に欠ける。窮鼠猫を噛む、とでもいうような切迫した攻撃的な気分がいまひとつ薄い。それは、倹約遺伝子という最後の砦を持つがゆえの、ある種の余裕なのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

「くだんのはは」

Kc330001 「戦争はなかった」小松左京著 新潮文庫(昭和49年発行)

 この本はずっと本棚の片隅に埋もれていたが、題名からして地味で硬派でつまらなそうなので敬遠していた。それを何かの拍子に開いてみたらば、フィリップ・K・ディックばりのSF小説短編集だった。

短編の中でとくに「くだんのはは」が傑作(これはSFというより怪奇小説)。

この物語は、

終戦直前、家が焼けてしまったため、しばらく知り合いのおばさんの家に居候させてもらうことになった少年。その家の娘は病気だということで、うるさくしてはいけない、そして二階に上がって病人の部屋をのぞいては絶対にいけない、と釘を刺される。

しかし、夜な夜な娘の部屋から聞こえてくる泣き声、血染めの包帯、不気味な食事など、あやしいことが次々と見えてくる。

この少年自身もちょっと薄気味の悪い子で、戦時下の教育にどっぷり染まった愛国者。一家の贅沢ぶりや、国を盲信することなく本当のことを言ってしまうおばさんに怒りや反感を抱く。そういった軍国少年のえげつない心情が生々しく書かれている。

そしてやはりというべきか、最後にとうとう二階の部屋を見てしまう。するとそこに座っていたのは、「くだん」と呼ばれる怪物である。どうしてこの怪物が誕生したのか、という歴史的な裏打ちもきちんと書かれていて、そのへんはとても丁寧だから決して唐突ではないのだが……

しかしこの怪物の外貌はかなり滑稽でとっぴょうしのないものだ。もしこれが映画で、さんざん思わせぶりに引っ張ったあげく最後にこんな生き物が登場したらどうだろう。私なら「雰囲気をぶち壊しやがって」と怒ってしまう。もしくは大爆笑する。どんなにうまく特殊メイクしたところでコミカルさは拭えない気がする。作者はビジュアル的なリアリティをまったく考えなかったのだろうか?

しかし、この変てこりんな怪物がものすごーく怖く書いてあるからすごいのだ。「文章は映像には勝てない」と言う人もあるが、この話を読むと逆に映像の限界を感じる。どうしてこんなルックスでこんなに怖いんだ。くだん……。

にほんブログ村 本ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »