« ペプラーはエイリアンにさらわれてしまえ | トップページ | ALI PROJECT を聴いた »

2007年12月30日 (日)

電気屋はなぜONKYOをすすめる?

 今年の夏頃のこと……

貯金をバッグにしのばせ、「3万円台の白系の可愛いコンポを買う」という、かなり具体的な目的を持って「 Ks 電気」の売り場を訪れた。そこへ現れたのは色白の陶器のような肌をした接客係の美青年……

「かわいいコンポはデザインに金がかかっている分、音が良くない。同じ値段ならばこっちの方が絶対に良い」

 と、しきりにONKYOの地味なコンポをすすめてくる。店に入る前には希望はハッキリしていたはずなのに、美青年に妨害されて進むべき道がわからなくなった。けっきょく何も買わずに店を出た。

 数週間後。

あの貯金を再びバッグに入れ、今度こそ白いコンポを買うつもりで「 Ks 電気」にやってきた。すると今度は、小柄で太った、アバタだらけの、髪も眉毛も薄いおっちゃんが近寄ってきた!

「かわいいコンポはデザインに金がかかっている分、音が良くない。同じ値段ならばこっちの方が絶対に良い」

 言っていることはまったく同じなのに、美青年とは比べ物にならないほど気合の入ったセールストーク! 生き生きと輝く瞳。全身からオーラのようにあふれるベテラン販売員の自信。「ルックスじゃなく、質を見てくれ」という、あたかも彼自身がコンポと一体化したかのような魂の叫び! ダメだ、この人には逆らえない……嗚呼、引きずり込まれる……降参!

と、口車に乗せられて買ってしまった「ONKYO」のかわいくないコンポ。

003しかし家に帰ってじっくり聴いてみても、本当にかわいいコンポよりも音がいいのかどうか、まったくわからない。(たとえ私の耳が鈍いのだとしても、所有者の私が音の良さをわからないなら、そんな良さは存在しないのと同じことだ)。

疑念と怒りと後悔。

私の部屋も、私の生き様も、何ひとつ知らないあの男……

私を歩く財布としか思っていなかっただろうあの男の、もっともらしい言葉に耳を貸すという過失。

お嬢様方。見た目で選んでいいんですよ。そうしたからといって、何を恥じることがありましょうか? 美だけが、確実に目に見える事実なのだから。 

中身で判断すること=目に見えないものをとらえること。それは経験を重ねた本物の達人にしかできない芸当。うら若いうちからそんなことができると思っている者こそ、その大胆不敵な自惚れを恥じるがいい。

「おまえは気付いていないようだが、この物にはこんな良さがあるのだよ」と人は言う。しかし自分がその良さを感じ取れず、気付きもしなかったのなら、そんな長所は無意味だ。ゼロだ。捨ててしまえ。

それがムリならリフォームだ。

ペンキで塗装した↓

埃除けカバーはいったん外して、フェイクファーを手芸ボンドで接着(両面テープでもOK)。

冬になると欲しくなるフワフワ素材。あえて真夏に布屋(ユザワヤ等のワゴンセール)を漁るとお買い得です。

004

Imgp2808_2 

|

« ペプラーはエイリアンにさらわれてしまえ | トップページ | ALI PROJECT を聴いた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28889/9638492

この記事へのトラックバック一覧です: 電気屋はなぜONKYOをすすめる?:

« ペプラーはエイリアンにさらわれてしまえ | トップページ | ALI PROJECT を聴いた »