« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月28日 (月)

ゲーテなんかどう?

Kc330061_2  ←古本(昭和33年版)ちょっと汚れている。

「若きヱルテルの悩み」
ゲーテ著 竹山道雄訳
岩波文庫

 綺麗で母性的で親切なシャルロッテに惚れたウェルテル。しかし彼女はすでに婚約しており、まもなく人妻となる。それでも足しげく通って親友として交際を続ける。夫も最初は許しているが、次第にあやしむようになり、シャルロッテ自身も危険を感じて彼を遠ざけようとする。

 この本が流行した当時、ウェルテルに憧れて自殺する若者が増えた……という話をよくきく。たしかにこのウェルテルは教養もあり、一途で、実に感受性豊かな愛すべき若者であるとは思う。彼が自分の思想を語る部分は、私から見ても共感できる部分がたくさんあるし、こんなの今じゃ常識だよ(当時はパンクだったかもしれないが)というところもある。
 愛すべき性質なのはヒロインのシャルロッテも同様で、ここに出てくる人たちはたいへん素朴で操正しい。
 しかし同時に、というかだからこそ、ものすごくいやらしい。たぶんこの人たちは、自分が何をやっているか、この状況が何を意味するか、という自覚や客観性がなさすぎるのだ。

 たとえば、ウェルテルの記述にある、
 「アルベルト(シャルロッテの夫)が外出するのをこっそり窺っている。そしてそれ今だ、とばかりに出かけていって、シャルロッテが一人でいるのを見るとほっとする。逆に二人が一緒にいるところに来てしまった時は、おどけたふりをして、ふざけ散らして邪魔をせずにはいられない」
 というあたりは、オスのチンパンジーの心理描写をしたらこうなるんじゃないか、というくらい動物的だ。
 シャルロッテの方も負けてはいない。
 夫がウェルテルとの交際に難色を示し始めると、そうだウェルテルが自分の女友達の誰かと結婚してくれればいい、と考える。そうすれば自分たちのプラトニックな恋を温存できる。しかし同時に彼を自分ひとりのものにしておきたい、という欲望もある。そして自分の知り合いをひとりひとり思い浮かべてみるが、みんなどこかに欠点があって、彼を渡してもいいと思うような女はいない、と言う。
 まったく、何といういやらしい女だろう。こんな女が自分の友達だったら迷惑以外の何ものでもないではないか。

 こういう男や女は現実にもごまんといるわけで、当人は麗しい恋のつもりだか何だか知らないが、彼らの無自覚で恥を知らない計算高さや利己主義にはうんざりだ。
 ゲーテを賞賛する人は、この小説を汚らしいとは思わないのだろうか?(ただ、それでも最後には、ウェルテルもシャルロッテも単なる利己主義に留まらない選択をしてきっちりとツケを払い、自分たちの人間性を証明する――そこが品がいいといえば品がいいのだが)
 作中に、ウェルテルの知り合いの下僕の事件が出てくる。彼は自分の仕えていた屋敷の女主人に惚れて肉体関係を迫り、追い出された後、彼女と結婚する予定だった男を殺して逮捕される。
 これに対してウェルテルは、「自分はこの不幸な男の半分の気性も、半分の決断ももってはいない」と語る。私もこれには思わず「まったくもう、ほんとにそのとおりだよ」と声に出して言ってしまった。
 もちろん下僕の行動は正しくはない。ただ私はそこにある種の矛盾のなさ、感情と行動とが完璧に一致しているというプリミティヴな美しさを感じる。ウロウロしているだけでシャルロッテを奪いもしないウェルテルよりも、キャラクターとして魅力的なことは確かだ。私だったらウェルテルよりもこの下僕の方を主人公にするのに。

にほんブログ村 本ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

日本のB級小説を読んだ

21rvcm315pl_sl500_aa140_1  ひょんなことから手にとってしまったが、たいへん読みやすかった。「十四歳、ルシフェル」中島望著 講談社ノベルズ

 この物語は、

 14歳で暴走族に惨殺されたが、女友達の祖父(大富豪)の研究室に拾われ、サイボーグ「ルシフェル」として復活した少年。

 最初は記憶喪失になっていたが、そのうち復讐心に目覚め、自分を殺した人々に制裁を下す。それがだんだん勢いづいて、とにかく嫌いな者や邪魔な者を消してゆく(悪人を倒す、というよりも当人の主観による「殺したいヤツ」である)。

 この小説の一番の売りはたぶん、ブラックユーモアあふれるスプラッタな虐殺シーンだ。「目玉が飛び出し」「小腸が吹き出す」などなど、しばしば読むのを中断して5分あまりも大爆笑してしまう。よくこれだけ十人十色の殺し方を考案したかと思うと、感嘆の念がわいてくる。

 一番痛快なのは宿敵・車田の殺害だった。車田は主人公を殺した張本人だが、それと同じやり方で報復される。彼は主人公の愛する少女を強姦もしたので、股裂きの刑のような状態になるのが粋だ。また彼は東京の大学へ行きたがっている。それがルシフェルに高速道路を引きずりまわされているうち八王子インターを越えてしまい「本当に東京に来てしまった」というしめくくりの一文は、抱腹絶倒だった。

しかしこれをピークに、その後はちょっと飽きてくる。サイボーグになったルシフェルは超人的力を持っているから、狙った相手は必ず倒す。最初から結果がわかりきったバイオレンスをスリリングに書くのは難しい。作者はそれでも一生懸命、流血シーンをたたみかけてくる。その根性がすごい。たとえ三度のメシよりスプラッタが好きだったとしても、こんなにいくつもの殺害方法を考案するのは大仕事のはずだ(いや、ほんとのところはわからない。少なくとも私だったら苦労する)。

ただこの小説、パンクのように見えたがパンクではない。硬直性がやや難。

ヒロインの百合子は、主人公の死を目の当たりにし、さらに性的暴行も受けた気の毒な少女である。しかしそのことは人間の値打ちとは少しも関係ないので、ある意味では「それがどうした」である。ルシフェルが百合子を描写する様子はどうも「傷物になったけどそれでも好きだ」と言わんばかりの、意地や執着に近くてみみっちい。「だからどうした。彼女は彼女だろ」という骨のある愛ではない。だいたいがこんな調子で、自分以外の男はすべて不純で汚いとでも言わんばかりの嫉妬深い少年である。

 そしてこのルシフェル君、肉体がサイボーグ化されると、性的にもシラけきって一切の興味を失う。この現象は、私は半分しか納得できない。情事とはつまりコミュニケーションなので、脳が生身なら肉体の方は、脱着式でも、なんとでもなる(むしろ便利だ)。首から下がロボット=その気もゼロ、という図式を成立させるためには、情事にまつわる他者との交流、探求、サービスなどといった精神性をすべて取り払い、肉体の(それもごく末端の)満足だけを念頭において性を定義せねばならない。女の私にこういう末端神経的定義を強いないでもらいたい。

 とにかくその延長で、彼は「自分はもう家族をつくれない」とも言う。しかし人が本気で家族を欲しいと思ったら、こんなことでは諦めない。サイボーグが機械工のじいさんに拾われて一緒に暮らしているとか、身寄りのない子を面倒見ているとかいうSFもあるわけで、血の保存という枷がないなら、逆にどんな形もアリなのではないか。ただルシフェルの言う「家族」とはあくまでも妊娠可能な女性と、自分の血を引く子供、というところに限定される。こういう「家族」の定義が、私はあまり好きではない(でも暴力シーンであれだけがんばっているんだからそっちは許そう)

にほんブログ村 本ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

暁斎展を観た

Imgp4151 暁斎漫画展~明治日本のギャグマスター~を観た。
 アートとして鑑賞しても見ごたえ充分な暁斎の絵。残念ながら時間がさしせまっていたので、ゆっくりできず、説明パネルもあんまり読めなかった。ざっと見た年表によると、5歳のとき(9歳だったかもしれない。不確かで失礼)近所の川に流れ着いた生首を拾ってきて写生していたという、パンクホラー精神のかがみのような偉大な人。

 細やかに描かれた妖怪たちの絵は、愛嬌はあるものの、きちんと醜い。そして堂々と生きている(妖怪が「生きている」というのかどうかわからないが、とにかく妖怪の呼吸音がきこえてきそうな、生臭い匂いでもしてきそうな絵)。
 動物キャラクターを描いたものも素敵。動作はコミカルで表情豊かだが、形は写実的な大人のセンス。たぶんビアトリクス・ポターに匹敵する天才だ。
 そして「カエルの蛇退治」「ネズミの猫退治」など、革命(下克上)テーマは、動物で描かれてもやっぱりロマンだ!

 展示場に入ってすぐに、「開化放屁合戦絵巻」という、ふんどしのオッサンたちがオナラしているものすごく長い絵巻物があった。
 私が最も好きなのはブラックジョークとオカルトネタで、Hなギャグもそこそこわかる。ただ排泄ネタだけは理解できない。なにもけしからんとか、気取っているわけではなく、単にツボに入らないのだ。
 もちろん「開化放屁合戦」というからにはただのオッサンではなく、当時の有名人や政治家の顔で描いてあるのかもしれないが、今ごろ見せられてもわからない。現代人としては「福田や小沢がふんどし姿でオナラをかけ合っている図」とでも考えたらいいのだろうか。(そうだとしてもとくに笑えない。「福田と小沢が妖怪に飲み込まれそうになりながら互いに式神をとばしている図」といったら私でもわかるのだが)。

ポストカードを買おうとしたら種類があまりなかった。でも兎はよかった↓

Imgp4149

 そういえば、強いライトを当てると絵が傷むからなのか、会場がなんとなく薄暗く、疲れた目には厳しかった……。

*

*

*

にほんブログ村 美術ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

そうさく畑に行ってきました

0362  創作オンリーの同人誌イベント「そうさく畑62」に参加しました。

 スペースにお立ち寄りくださったみなさま。感謝感激ですm(_ _)m

 場所が神戸なので、4時起床で、素顔のまま家を出た。気合を入れるため、会場でつけまつ毛とか貼りつけてみた。あとで見たら付け位置が変だった。でも居眠りしないでお店番できました。

 写真は帰りに寄った異人館で撮ったもの(貸衣装)。異人館、美しかった。もしもこんなところに住むことができたら、臨場感のあるゴシック小説が書けるかもしれない……夢のまた夢。

0432 ←ようこそいらっしゃいました。こちらがわたくしのコレクションの食器でございます。とかやったらきっと幸せ。

*

*

*  

 関西の物書き友達の皆本源さんが遊びに来てくれました。老人の宗旨と、子供の楽天性をあわせ持つ不思議なお方。低姿勢に見せかけて、油断してると陰からさりげなく人を誘導して得しようとする悪どいヤツです。でも、今時めずらしいほど友情に厚く、忍耐強いという素晴らしい人でもあります。皆本さんのサークルも夏ごろ同人誌出すそうです!(もしかすると東京のイベントにいらっしゃるかも)。

 今回は大規模だったこともあり、他のサークルさんを見てお勉強することが多かった。スタッフの方々もなんだかホットでした。そして打ち上げ出会った他のサークルの方々もホット。東京とはまた違った、地方の創作人たちの無邪気なパワーと自負みたいなものを感じました。燃え尽きました。でも今年はまだ5月のイベントがある……!

 「春の文学フリマ2008」でのブースはA-12です。見かけたらお声をかけてやってくださいまし。

にほんブログ村 本ブログへ

  

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

お花の下の愉快な人々

Imgp3609  桜はそれほど好きな花ではない。私はホタルブクロやハイビスカスがいい。てやんでい、梅や桜なんざ、ただのワタボコリじゃあございませんか。

それでも、川の両側の桜並木がいっせいに花開いたところはやはり圧巻だった。

 この近所の桜並木をある時間帯に通ると、同じカップルに遭遇する。女性は脚のどっしりとした、昔の農家なら「丈夫な嫁」として重宝されそうな娘で、顎に特徴がある。男はわりとハンサムだが、子供の番組に出てくる「歌のおにいさん」か何かのような、どこかトボケた服のセンスだ。

 この2人が川べりの並木道にいるのだが、見かけるたびにふざけている。追いかけっこをしたり木の後ろに隠れてみたり、仲良くキャッキャとやっている。

このマンガのようなカップルを、枯葉の散る秋にも見た。凍るような真冬にも見た。そしてつい先日、満開の桜の下でもあいかわらず「ほーらつかまえてごらん」「アハハハハ」とやっているのを目撃してしまった。

 いくらなんでも年がら年中あんなに浮かれているわけがない。もしかして違うカップルなのではないか――そう思って川の対岸から目を凝らしたが、やはり同じ男女だった。男は、真冬に見たときと同じジャケットをまだ着ていた。女の、ショートパンツとカラータイツに包まれた地母神の脚も健在だった。2人のまわりだけ時間が止まっているようだった。

桜の下のバカップルは秋や冬に見たときよりいっそう愉快で、笑いをかみ殺しながら通り過ぎた。しかし己を振り返れば、自分にもあんな時代があったのだ。そして、どうしてあの時あんなに浮かれていたのかといえばなんのことはない、つまらなかったからだ。金がないから公園にでもいるよりほかないし。そんなことはコロッと忘れて「あの2人、またやってるよ」と笑っている。さくら、さくら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »