« ゲーテなんかどう? | トップページ | 明後日です »

2008年5月 5日 (月)

ヘンリー卿の絵手紙展を観た

003Grandfather Letters 展 ~孫に宛てた1200通の絵手紙」を観た。

実は私もおじいちゃん大好きで、諸事情あって父親にはひとかけらの愛情も持っていない私だが、祖父と同居していた頃は楽園だった。残念ながら事故で早くに他界した。ハンフリー・ボガード似の粋なじいさまで、心の中で「わたしのゴッドファザー」と呼んでいる。

(ただ私は「おじいちゃんと私の心の触れ合い」みたいなものを今ここで、というか他のどこでも、書かない。そういうことなら私よりもっと巧みに、それもひとかけらの羞恥も当惑も交えずに、書くことのできる人がごまんといるはずだからだ)

                  *

 話はそれるが、自分も祖父母に大変世話になっておきながら、私は朝日新聞の「ひととき」というコーナーが個人的に大嫌いだ。

このコーナーは比較的高齢の女性読者からの投稿を掲載するもので、たまには例外もあるものの、「あたしって愛されちゃってるの」という家族に依拠した幸福感を話題にしたものが多い。よくもあれだけ「夫や子や孫に囲まれて幸せなわたし」という生殖自慢を、恥もてらいもなくやってのけるものだと思う。

自伝的小説「大草原の小さな家」のように、山あり谷ありの経緯を描いた上で家族愛を表現するならわかる。しかしあんな小さなコーナーで、上手にキレイごとだけ切り取ったものばかり集めて、全国津々浦々に発信する意味がよくわからない。

もちろん孫があったらかわいいに違いない。ただそれは、食事をとって満腹したとか、あるいはエロスの恍惚となんら変わるところのない、きわめて物質的・肉体的なレベルの満足感ではないのか。

そんな生殖細胞レベルの「満腹感」を、この「ひととき」コーナーに投稿する人たちは飾りも変化球もなく、そのまんま直球でぶつけてくる。この生々しさもイヤで、最近はつとめて読まないように素早くページをめくったり、せめて和泉式部日記のように和歌にするとか、上手くなくてもいいから童話として表現したらいいのに、などと思うのであった。

                *

Grandfather Letters 」のヘンリー卿の絵手紙は、「孫がかわいい」という気持ちをアートの域にまで高めた例だ。当人が高めようと思ったわけではないかもしれないが、もともと愛情に美しい包装をかけて、一ひねりして表現するだけの素養のある人だったと思う。だからこそ魅力的であり、展示物になり得るのだろう。

004←ポストカード。

ウサギの躍動感あふれるポーズがおもしろかった。このウサギのヘアというキャラクターは、慎重派のゾウとくらべて好奇心旺盛で活動的らしいのだが、そのぶん病気や怪我をしている場面も登場する。妙なリアリティを感じてしまった。

にほんブログ村 美術ブログへ

|

« ゲーテなんかどう? | トップページ | 明後日です »

コメント

またご無沙汰しています(-_-)。
ヘンリー卿という方について初めて知りましたが、
こんな可愛らしい絵を描くおじいちゃまって、
本当に素敵ですね!絵を描く行為は愛情表現に
使えるんだと気づかされました。それに自分自身も
気持ちが若いままでいられるんでしょうね。

私も最近、自分が全く絵を描いていないことに気づいて、
こんなことではいけないと思ったところです。でも、
子供の時のお絵描きと同じでは、何か自分でも納得が
いかなくて、そこが難しいなあと感じています。
やっぱり、様になる絵を描いたヘンリー卿は凄いですね。

投稿: Crinum asiaticum | 2008年5月 6日 (火) 16時20分

Crinum asiaticum 様

大変おひさしぶりでございます。
ビックリしました(^-^)ゞ

そうですね、ヘンリー卿は私も今回初めて知りました。
とくに画家でも絵本作家でもなく、絵はあくまでも
子供の頃からの趣味ということなので……
必ずしもひとつひとつの完成度が高いわけではなく、
ちょっと構図がよくないのもあったりします。
文字とのバランスって難しいんですよね
(私もレイアウトあんまり上手くないので(^_^;)

ただこの人、最後の頃になって作風を変えてるんです。
後期のカラフルな作品は本当に個性的で素敵。
愛する誰かのために心をこめてやっているうち
何かに到達しちゃうことってあるんだなと思いました。
とにかくいろんな意味でおもしろかったですよ。

ご訪問ありがとうございました!

投稿: 小宮 | 2008年5月 7日 (水) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28889/20769696

この記事へのトラックバック一覧です: ヘンリー卿の絵手紙展を観た:

« ゲーテなんかどう? | トップページ | 明後日です »