« 「スパイダーウィックの謎」を観た | トップページ | アリスのこと »

2008年5月26日 (月)

「生ける屍」

51771kwcptl_sl500_aa240_1  たまには真っ当な時間に寝ようと思って夜の11時にこの本を持ってベッドに入ったものの、おもしろかったのでぜんぶ読んでしまった(そして気がついたらけっきょく夜の2時だった)。

 「生ける屍」ジョイス・キャロル・オーツ著 井伊順彦訳 扶桑社ミステリー

 美少年をつかまえて、ロボトミー手術をほどこし、自分の言いなりになる奴隷にしたいと望むクウェンティンの手記。彼はその獲物候補を「おれのゾンビ」と呼ぶ。

 私はトマス・ハリスが苦手で1ページで窒息しそうになるのだが、これは気持ちよく読めた。語り口は混乱して無教養(を装い)ながらも軽快だし、主人公クウェンティンがすこぶる好感の持てる変態っぷりなのだ。何がどう好感を持てるのかといえば、これがよくわからない。しいていえば、全体にただよう妙な明るさと、一片の迷いも罪悪感も持たない悪魔のような徹底ぶりだろうか。(いかにもアメリカの若い男作家が書きそうな文章だと思ったら、著者は女性で、しかも1938年生まれだった。思わず拍手!)。

 このクウェンティン、彼を取り巻く環境だけ見ればかなり恵まれている。清く正しく親切な人々に囲まれて裕福に育ったが、彼の脳みそだけがたまたまイカれていた、としか言いようがない。家族の愛も彼の心には届かない。かといって恨みや憎しみといった感情もない。必要とあらば精神科医に向かって、涙まで流して悔いたふりをするが、これがまったくの演技である。宇宙人レベルといえるほど普通の人間の常識が通じない心のありようだ。

 

 小説ではないのだが、私は学生時代にアリス・ミラーの「魂の殺人」を買った。ミラーの理論を、私は今でもうまく要約できない。ただ、FBIの言う「快楽殺人」というものを全面否定し、すべての犯行は犯人が幼少時代に受けた心の傷となんとかして折り合いをつけようとする試み、と説明していたように思う。そして実際に、子供を狙った連続殺人犯の、一度も愛されることなく親や寮長に虐待された悲惨な少年時代などを紹介していた。原因が抑圧された不幸の記憶にある以上、どんな凶悪犯も精神療法により更生する可能性がある、という考えのようだった。

 これとは逆に、もっと悲観的な内容の本を出している分析医たちもいる。「単に身勝手で自己中心的なために罪を犯す者も多く、何をどうしようが一生更生しない。減刑や仮釈ねらいで反省したフリをするだけ」と言う。著者は忘れたが「平気で嘘をつく人々」などはそんな内容だったと思う。

 私は長年、どちらかといえばミラーの支持者だった。ただ何かが腑に落ちない。「どんな人間にも愛を求める心があるはず」転じて「愛によって救えるはず」とする、いわば愛を万能薬のごとく奉る考えを、私は危険だと思う。たしかに犯人の家庭環境を調べれば、たいていは犯人自身が死ぬほどの目にあわされて育ったのだろう。しかしそれだけではとうてい説明のつかない事例が必ずある、とも思う。もしもどこをどうほじくり返してもぜんぜん説明のつかない、宇宙人みたいな犯人に出会ったら、ミラーのような人たちはどう言うのだろう?

にほんブログ村 本ブログへ  

|

« 「スパイダーウィックの謎」を観た | トップページ | アリスのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28889/21174428

この記事へのトラックバック一覧です: 「生ける屍」:

« 「スパイダーウィックの謎」を観た | トップページ | アリスのこと »