« 「夜愁」を読んだ | トップページ | ちょっとディープな人造人間「メイキング・ラブ」 »

2008年6月30日 (月)

「七悪魔の旅」

51zcy6kbyvl_sl110_1  これはたいへんおもしろい本。本屋でちょこっと立ち読みして、個人的に「絶対おもしろい」と確信してずっと欲しかった。しかしやや値段が高め。とりあえず図書館で予約して借りた。

 「七悪魔の旅」マヌエル・ムヒカ=ライネス 中央公論新社

 「七つの大罪」をつかさどる悪魔たちが、大魔王の命令で人間を堕落させるための旅に出る。

人間側もジル・ド・レエの未亡人が出てきたりしてゴシックなのだが、それぞれの悪魔の個性がたのしい。大食の悪魔は食いしんぼうだが同時に優秀なコックで、お人よしの面も持つ。貪欲の悪魔はつぎはぎの翼を持ち、ドケチで、ガソリン代をケチる。淫乱の悪魔は「豚の顔にウサギの耳」という変なバニーガールのような生き物だし、怠惰の悪魔は眠ってばかりいる(しかし、もっとも強大な力を持っているのは実はこの怠惰の悪魔だ。私はなんとなく怠惰の章がいちばん好きで、怠惰の悪魔の最後の言葉も好き)。

その他の悪魔もみんな「自分は人類の発展に貢献している」という悪魔哲学を持っている。そして議論好きで、ことあるごとに自分の重要さを主張する。そんな悪魔たちが遠い未来に飛んで、社会のあまりの清潔さを見て気落ちしていたとき、傲慢の悪魔だけがあいかわらず意気揚々としていたおかげで他の悪魔がちょっと元気付けられる……というあたりはなんだかリアルだ。そう、意味もなく自惚れの強いやつってたまに人を救うんだよな……。

 それにしても、もとは何語だったのか(著者がアルゼンチン生まれなのでスペイン語かもしれない)大学生が英文をいっしょうけんめい訳したかのような、ちょっと奇妙な文章が特徴的だ。翻訳モノに慣れない人が読んだら怒るんじゃないか、と心配してしまった。たとえば、悪魔たちが宇宙空間を飛んでいる時、宇宙船をみつけた嫉妬の悪魔がのたまう。

「あきらかにあれらの宇宙船は我々のものよりもよい。破壊してしまおう」

と、なんだか英訳のテストの問題文のようだ。訳者の西村英一郎とはどういう人なのかと思ったら、大学の教授らしい。先生を長年やっていると「あれらの」などという言葉に違和感をもたなくなるのか、それとも隅々まで正確にしないと気が済まない人なのだろうか。

にほんブログ村 本ブログへ

|

« 「夜愁」を読んだ | トップページ | ちょっとディープな人造人間「メイキング・ラブ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28889/21976151

この記事へのトラックバック一覧です: 「七悪魔の旅」:

« 「夜愁」を読んだ | トップページ | ちょっとディープな人造人間「メイキング・ラブ」 »