« 大人一名につき銀貨1枚 | トップページ | 宦官たちの日々…… »

2008年8月25日 (月)

ヌバの本発見

Imgp4229  古本だけど、定価600円に対しいつのまにかアマゾンでは1000円以上の値がついている。ちょっとお得な本。

「ヌバ・遠い星の人びと」レニ・リーフェンシュタール 福井勝義訳 新潮文庫

SFチックな題名ながら、実際にアフリカのスーダンの奥地に存在するヌバ族という人々を取材した本。著者のレニ・リーフェンシュタールは不思議な女性で、1902年生まれのドイツ人。ナチと関係していたという黒い噂もある。60歳過ぎてからヌバ族を取材し始め、この訳書が出た昭和61年の時点ではすでに80過ぎだった。もうお亡くなりになってるんだろうな、と思いつつネットで調べたら、意外に長寿で2003年没だった。死ぬ直前まで元気で映画など撮っていたらしい。

たまたま雑誌で見かけたヌバ族レスラーの写真に魅了され、この幻の部族を探しに無謀ともいえる旅に出たレニ。彼女の撮ったヌバ男性の写真には、私も惚れ惚れした。

カッコイイ。

どうも辺境部族の黒人というと、影絵のようにひょろひょろしているか、小太りのころっとした人々が頭に浮かぶ。TVでもそんなのしか見たことがない。ところがこのヌバ族の男性ときたら、ハリウッドの現役アクションスターたちと並べてもまったく見劣りしないような肉体美ではありませんか。

そして独特のファッションセンス! とくに皮膚を尖ったもので引っかいて、傷跡を模様にする、という高温乾燥地域ならではのアイディアはおもしろい(ただしこの荒技が美しくキマるのは黒人だけ)。

あとはちょっとしたアクセサリーをつけているだけで全裸に近いのだが、そのたくましい肉体と見事につり合った、端麗にして立派なご子息さまたちときたら、もう手を合わせて拝みたいくらいなんである。

にもかかわらず、食事は毎日ひたすら朝晩2回のモロコシ粥だけ、あとはマメ類少々という乏しさだという。これは本の中でも驚くべき点として指摘されている。たぶん、何世代もかけてその地の環境と食生活に適応した、進化の果ての人々なのだろう。

気になる平均寿命は、人々が自分の年齢を把握していないため、はっきりしない。ただ、3歳以下の子の死亡率が非常に高いという記述はある。不作の年には餓死者がでるともいう。自然に添った潔い生き方だとは思う。この死亡率を根絶すべき事態とみるべきか、やむをえない淘汰とみるか、私にはわからない。彼らなりのすばらしい文化と平和な生活があるわけだから、何でもかんでも近代化がいいとは言い切れない。でも子供の死亡率が高いときくと、女としては身震いが起きる。

ところで、男がこんなにカッコイイのだから女もさぞかし美しいのかというと、残念ながら私の憧れのハル・ベリーねえさんのようなわけにはいかなかった。ずん胴で、骨盤が狭くヒップは小さい。いわゆる砂時計型の女性は皆無だ(ただ、ファナという女性の写真は私から見ても美しかった。やはりずん胴なのだが、それもひっくるめて愛らしいのだ)。厳しい環境にはこういう女性が合うのだろうか。

全体を見ると、このレニは、やはり映画監督だと感じた。ヌバ族の文化や生活習慣の紹介から始まって、彼らの最大のイベントであり宗教行事でもあるレスリング大会について書かれ、最後には、彼らの葬式の模様をレポートした「鎮魂歌」の章で幕を閉じる。本の作り方にはっきりとした起承転結があるのだ。またそれだけに、学者や研究者といった体質の人ではない。時には矛盾する記述も見られ、個人的には多くの謎や疑問が残った。でも写真は本当に素敵。宝物。

にほんブログ村 本ブログへ

|

« 大人一名につき銀貨1枚 | トップページ | 宦官たちの日々…… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28889/23223754

この記事へのトラックバック一覧です: ヌバの本発見:

« 大人一名につき銀貨1枚 | トップページ | 宦官たちの日々…… »