« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月29日 (月)

オールナイトDVD鑑賞会 in MYルーム

51fjveh4wxl_sl500_aa240_1_2まず「バイオハザードⅢ」

 久々にバイオハザードのテーマ音楽を聴いてゴキゲン。アリスのコートとミニスカとブーツがステキ。あの服欲しい。でももうぜんぜん怖くないよ、この映画……。ホラーというよりサバイバルアクションだ。10代の頃大好きだったな、こういう映画。そういえば景色というか絵図が、「マッドマックス」などなど昔観たいろんなSF映画に似てる。懐かしい。

61pzqbpbcel_sl500_aa240_1 「アンナ・カレニナ」

 ヴィヴィアン・リー主演のモノクロ映画。トルストイ原作。トルストイは以前からいけすかないじいさんだと思っていたが、この映画を観てますます嫌いになった。こんな説教くさくなっちゃうのは、製作の問題というよりやはりトルストイ作品なんかを扱ったせいに違いない。男から男へと乗り換えた女性は、最初の夫と添い遂げた女性と比べてとくに不幸でも幸福でもない(つまりどんな生き方にもそれぞれメリットとデメリットがあり、こうすれば絶対幸福というのはない)というのが私の世界観なのだが、このストーリーはかなり恣意的に現実から逸れている。リアリティを失わせてまでアンナに天誅を加えたいなんて、トルストイってきっとよっぽどダサい男なんだわ。塩まいておこうっと。

51sn2i5d5gl_sl500_aa240_1「俺たちフィギュアスケーター」

 コメディやスポーツものってぜんぜん興味ないんだけど、このDVDはパッと目を引かれた。私も子供の頃「お母さん、どうしてフィギュアスケートには男同士や女同士のペアがないの?」ときいたことがある。だってもしも女二人で色違い(1人が白でもう1人が黒とか)のおそろいのコスチュームで、手をつないでクルクルしてたらフツーに美しいじゃないですか。そしてきっと姉妹ペアとか出てくるの。男子シングルを見てて「あの選手とあの選手がペアだったら」と思ったことも。みんな同じこと考えるんだな。

519aqev1bl_sl500_aa240_1 「スウィーニー・トッド」

 いよいよ本命のスウィーニー・トッド。やはりティム・バートンの映像は最高。さすがにやや眠くなってきていたが、観ているうちにだんだん目が冴えてきた! これはほんとにホラーチック。たぶんスウィーニー・トッドは、ダークヒーローというよりは「ちょっとかわいそうな過去を持つ悪役」の部類に属するんだろう(このふたつは似て非なる不思議なもの)。トッド氏やパイ屋のおかみが悪魔化するのと比例して、完全脇役だったはずのボーイソプラノ担当トビー君がだんだんキラキラ輝き始める。そして天使の残酷さでいきなりスパッと幕を引く。この存在感はなんだか魅力的で、トッド自殺で終わるよりイイ。ディケンズならトビーを主人公にするんだろうし、正統派英国産ゴシック小説ではアンソニーあたりが主人公になるはず。そういえばアンソニーは「馬車を調達してくる」というセリフを最後に消えたが、その後どうしたんだろう。散々むちゃくちゃしといて若手には希望を残すあたりはバートンぽい。

 そして就寝。映画の観すぎで変な夢みた。

 

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

お夜食の時間

Imgp5577  水300ccくらいに、

 ・固形コンソメスープの素ひとかけらを半分に割ったやつ

 ・にんにくひとかけをスライスしたもの

 を入れて煮立てる。

 ・チンゲン菜2~3枚

 ・しいたけ2~3枚

 ・オクラ3本

 などの材料を適当にスライスして入れる

 火が通ったら、

 塩とこしょう適量

 ごま油とラー油をそれぞれ一滴ずつ

 を入れてできあがり

(メイン料理が他にあるんだったら、二人でこの分量でも充分)。

Imgp5578 お惣菜。

おさしみこんにゃく青のり入り・酢味噌つき

 晩ごはんそれだけかー!?

って? いや、夕方ハンバーガーとパンケーキもいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

08年10月

 10月の同人誌即売会は抽選に漏れたので出店しません(一般参加はすると思うけど)。また来年の春めざして申し込んでみます。

Imgp5536 うさこたん発見。きゅーーーと!! 入ろうと思ったら、大きいサイズ専門の靴屋さんだった。なるほどいいアイディアだ(飼ったことあるからわかるけど、ウサギは本当に後ろ足がビッグなのです)。

 まわりを見てもサイズ24.5以上の女性はけっこう多い。だから私は25くらいまでは標準範囲内だと思っている。でも25ともなると必ず「欲しいクツにかぎってサイズがなーい」と嘆く。それをのぞけば特に不都合がないらしく、また目立つものでもないので、足の大きさを審美的な意味で気にしている人というのはあまりいない。ただひとり、中国の纏足の技術をうらやましがっていた中学時代の友達(サイズ25)をのぞけば……

「あんなのサイテーだよ? まともに歩けなくなるんだよ?」

「でも、もしまわりのみんなが纏足してたら自分もするでしょ?」

「しないしない」

「でもでも、纏足すれば必ず金持ちと結婚できるって言われたらするでしょ?」

「いやー、しないな」

 というような会話を交わしたのを憶えている。あの人今ごろどうしてるんだろう。中学生にして「金持ちになれるなら纏足する」とかいう発想ができるくらいの根性があるなら、本当に金持ちになってるかもしれん……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

常夏おやつ

001

* きょうのおやつ ココナツゼリー

水200ccくらいに、かんてんパウダーを入れて煮溶かす。

ハチミツ大さじ2くらいを適当に入れて、

最後にココナッツミルクの缶詰(400ml)を投入。

固まったらできあがり。

002

ようかん風の固めのゼリーに作りたかったので、念のためかんてんパウダーのスティック2本(8g)入れました。

ココナツの風味があるので、砂糖は控え目にしても充分美味。かんてんとココナツで食物繊維!

006 一缶でけっこう大量にできるので、小分けにして食べます。

私はココナツはドライフルーツにしてあるのも好きだし、ココナツの香りを使った化粧品や雑貨も大好き。ただ缶詰もそうだけど、ココナツ食品はたいがい漂白剤が使ってある(気にする人は気にするよね……)。

003 よく作る林檎の煮物も添えて豪華おやつ。でもこれには紅茶が合うけど、ココナツゼリーにはコーヒーかアイスココアが合う感じ

:

007 気になっていた「水出しミントジュレップソーダ」買ってみました。この「世界のキッチン」シリーズは、見たことある人もいると思うけど、電車広告がどれも大人向けに上手く作ってある。わたし的に、ソフトドリンクの電車広告の中ではダントツといってもいいほどで、アルコール系の広告に匹敵するほどイケてる。こんなに心惹かれたのは、小学生の頃「なんだかよくわかんないけど欲しい」と思わされた「イイチコ」以来だ!

 味の方は。甘すぎた……。たしかにミントがきいてて、最初の一口はほんっとにおいしい。元気出る。ただし、ソーダに対する私のテーマは「炭酸が抜けてからが勝負!」なので。ちびちびやりながらカバンに入れて持ち歩くと、時間が経てばたつほど、どっぷりとした甘さを思い知る。残った少量を家に持ち帰ってもう一度冷蔵庫で冷やしてみたが、もはやただの濃い砂糖水だった。(でも同じ「世界のキッチン」シリーズの、レモネードはたいへんおいしかった。この時は、ぬるくなる前に飲んでしまったからかもしれない。やはり味が濃い目だった記憶もある)

 昔、親が生協で箱買いしてたサイダー。このサイダーと水道水を半々にしてジョッキに入れ、氷とレモン汁を入れて飲むのが好きだった。で、缶に半分残ったサイダーを冷蔵庫で保存し、次の日飲むと、それがまたおいしかった。でも「炭酸が抜けてもおいしいソーダ」っていったい何なのだろう。それは実は、「炭酸が効いてる最中はあんまりおいしくない」ってことなのかもしれない。難しいのう……。

 ひとこと:人生は炭酸が抜けてからが勝負だ!(意味不明)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

「ダークナイト」

329605_100x100_0141  気になっていた「バットマン/ダークナイト」を観た。

 改良したバットマンスーツを試着するシーンで、「犬に襲われても平気か」「猫なら大丈夫」というやりとりがあったので、「もしかして、キャットウーマン登場!?」とトキメきながら観ていたが、やっぱり今回も出てこなかった。ああ……いったい、いつになったらキャットウーマンに再会できるの?(ところで、ハル・ベリーもよかったけど、個人的にはミシェル・ファイファーが演じたときのキャットウーマンがなんといっても一番イイ。監督がティム・バートンだったからかもしれないけど)。

 ちなみにバットマンとキャットウーマンがカップルとしてうまくいかない理由がいまひとつわからなかったのだが、「バットマン・ビギンズ」を観たら、ものすごーく納得した。たしかに、ぜんぜん相容れない。キャットウーマンがあんな男とうまくいくわけない。だって魅力ないんだもん、バットマン。ほんとウザい男。あの正義がどうのこうのという、ガチガチの、これでもかとばかりのバットマン理論みたいなのを観てると、もういっぱいいっぱい。体内で固まりにして、のどからゲボッと吐き出したくなる。というか、実際吐き出しちゃってるらしくて、何も残らない。なんだっけ。なんか変な映画観たなぁ~。

 というわけで今回は、やはりバットマンの世界にはキャットウーマンが必要不可欠だと再確認したのでした。あの白黒にとらわれない自由で曖昧な存在感があってこそ、バットマンが引き立つんではないのか。キャットウーマンのいないゴッサムシティは、味のないピザだ。香りのないコーヒーだ。不二子のいないルパン3世(ってありえないでしょうが)。

 でも、ジョーカーはかわいかった。口が裂けてるという設定にリアリティをつけるためなのか、喋るたびにむにゃむにゃというか、くちゃくちゃというか、変な雑音をつける演技があやしくてグー!

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

宦官たちの日々……

Imgp5400  宦官は私にとって、とても一晩では語りつくせないほどの興味深いテーマなのだが、最近ある本を発見したのでちょっとだけ語ってしまう。

 ただ単に植物的な、無機質な人間は薄気味悪くて嫌いだ。でも宦官となると無関心ではいられない。なにしろ彼らは手術という具体的な苦難と恐怖、そして療養期間の孤独、自分を宦官にした人間への怨恨(子供のうちに宦官にされる場合、それを決めるのは父や兄であり、恨まれるのもそういった近親の男性ということになる)等など、いろんな試練をくぐりぬけた人々であったはずだ。それはもう、まともな肉体があるくせして精力のない人間なんぞという、つまらないもんの比ではない。奇怪で残酷で、凄絶で、ダークな世界があるはずだ。

 でも、ほんとのところ宦官って何だろう。

 これは、中国の宦官について、その起源や歴史との絡みが書かれていた。私が読んだ中ではいちばん詳しくてわかりやすかった。三田村泰助著「宦官」中公新書。

 ちなみに中国は古来よりアラビアと並ぶ宦官大国で、その廃止も20世紀に入ってからと、けっこう最近なんだそうである。

 アラビアン・ナイトには宦官奴隷というのがよく出てくる。宮廷のみならず、金持ちの一般家庭でも使われている。奴隷市では、ただの男奴隷よりも高値で取り引きされた。3人の宦官奴隷があることから墓地に集まって、それぞれ自分が宦官になったいきさつを語る、というシーンもある。それによると、ある奴隷は、雇い主の家の令嬢に手をつけたため宦官にされる。ただし令嬢とは両想いで、彼女の嫁ぎ先へもついていく。しかし宦官になったため、ただ彼女のそばにいるだけで満足するようになった、と言っている。このケースからすると、宦官とは不貞や、不倫で子供ができることを防ぐための機構のように見える。

 しかし、それだけではないらしい。この本によると、宦官にされると人格までもが一変し、普通の男性とは違った独特の精神構造を持つようになる。したがって行動面でも、男とも女とも違った人種とでもいうべきものになる。宮廷のような特殊な組織の中では、その特殊な性格が意味を持つ。 

 ところで私は「植物的な人間は気色悪い」と思うわけだが、実はそれも、宦官の歴史と無縁ではないらしい。この本の終章には現代との比較がある。それは「権力のあるところに宦官あり」。つまり、組織や権力というものがある限り、宦官のような存在はどうしても必要となってくる。現代でもそれは同じである、と著者は言う。

 これは組織で働く以上、女でも変わらない。女の本音むき出しで行動したら、嫌われる。たとえば「あの上司、女から見て生理的に気持ち悪いのよね」と思っても、おくびにも出さずにニコニコしていなければいけない。集団の中で和を保つためには、精神的な性の削除とでもいうような作業が必要になってくる。

 管理社会における「総宦官化」。とこう書かれると、なんだかおそろしい。一億総宦官……。てやんでい、だったらあたしは一生アウトローで結構だよ、と思わず絶叫したくなるわけなのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »