« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月27日 (月)

フラクタルの女神

41vfrwkemcl_sl500_aa240_1  これは、はっきり言ってあんまりおもしろくないのに、あまりにマニュアル的なところが不思議なので、たびたび読み返してしまう。まるで教科書通りにキッチリ書いたみたいな(SFの教科書というものがあったとしてだが)感じなのだ。空想科学あり、恋あり、クライマックスにはバイオレンスアクションあり、スラムにギャングにドラッグに殺人……と見事にお約束が盛り込まれている。また各章が5~10ページ前後と短く区切られていて、いわば建物の鉄骨をそのまま見せているような、無粋だが興味深い構造をなしている。

 ところで、女性が日常会話の中で語尾につける「~だわ」「~よ」がすたれ、「~だよ」「~だね」にとってかわって久しい。日本の作家や訳者はおおむねこの変化を取り入れている。しかしこの本では、女性たちのセリフがことごとく「~だわ」調で訳されているため、2005年出版にもかかわらず、なんともいえず古風な印象を与える。学者のシドはまだしも、近未来のデトロイトで育ったティーンエイジャーであるはずのマグノリアや、娼婦のローズまでがお上品に「~だわ」と言っているのにはなんだか調子が狂う。

ちなみに、私も普段「~だわ」と言うことがある。本で見ただけではたぶん使わなかったと思うが、実際に耳で聞いたことがあるからだ。しかしこの喋り方は女性から学習したものではなく(うちでは祖母ですら使っていない)、オネエキャラのタレントからおぼえたものだ。また、オネエではないのだが、同世代の男性の中にも「~だわ」「~なのよ」と頻繁に口にする人たちがいた(たとえば「今日バイト休むわ」「あいつバカなのよ」「それ好きよ」という言い方をする。オネエとは若干発音が異なる。人によってはむしろ不良っぽく、実にセクシーに発音するので、しばらく一緒にいると耳に残ってクセになる)。いずれにせよ私にとって「だわ調」は男から習得したものということになる。逆輸入とでもいったらいいのだろうか。リアルな女らしさとは結びつかない一種の虚構的なものでもある。

 それはさておき、キャラクターの場合、少女や若い子のセリフは「~だよ」とした方が絶対自然だと思う。ただ、翻訳者にはいまだに「だわ」好きな人がけっこういるらしいのだが、どうしてなんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

岸田秀を読んだ

Imgp5661  カバーの著者近影にはガッカリだ。昔の農家のオッサンのような、与作のような人物で、鼻を膨らませ、笑っているとも放心しているともつかない表情で口をだらしなく開いている。べつに文筆家が色男である必要はないのだが、せめてもう少し賢そうに写った写真はなかったのだろうか。しかし内容を読むとたいへん頭脳明晰で、人間の暗黒面を研究する素敵な心意気のある人のようだ。トボケた顔と知的な文章とのギャップがおもしろいので、この写真でよかったといえばよかったのかもしれない。

 三浦和義は最近も報道されたが(昔の映像は知らないが、どうやら私の好きなアニータや鈴香のような人だったらしい。鈴香は他のキラーママたちの地味っぷりに比べるとやはり逸材だった)、戸塚ヨットスクールなど全体的に話題が古く、初めて耳にする事件もある。ただそれでもなおかつ「へえー、なるほど」と思わせるすばらしい分析力だ。

 個人的におもしろかったのは「すべての物語は自己正当化の欲望から発する」というくだりだ。ただし彼の言う物語とは小説のことではなく、ノンフィクションも含めてすべてのジャンルを総括した、文章全般のことらしい。続けてこんなふうに書いてある、

 事実をありのまま書く、というのは嘘です。人間にはそんなことはできません。これから事実をありのまま書こうと思ったとき、すでにもう自己欺瞞に陥っています。

 私も常々「ぜひとも自分に都合のいい話を読んだり書いたりしたいものだ」と考えている。「自分」というと限定されすぎてしまうので、もっと広く「女に都合のいい話」としてもいい。だいたい女性が経営する映画会社だの、出版社だのができたのもごく最近のことだ。つまりこの世はもともと男に都合のいい話であふれかえっているのだから、女は女に都合のいい話を書いたらいいと思うのである。

 しかし、女に都合のいい話とはいったい何だろう。

a そのままストレートに「こんなことがあったらおもしろいな」と思わせる話(エンタテイメント、ボーイズラブ、ロマンス小説)

b 他人の(ただし架空の)災難を楽しむ「人の不幸は蜜の味」な話(ホラー、パニック、サスペンス)。ただこれは性差というより、社会的地位がよく関係する

c 反社会的・暴力的・背徳的等、一般常識や男の立場から見れば立派な悪女でありながら「ちょいとお待ち、あたしの方こそ被害者なんだよ」とでも言いたげな話(ありとあらゆるジャンル。純文学にもなりうる)

 そうはいっても「自分に都合のいい話ないかな」などと意識的に考えている時点でもうダメだ。最強のエンターテナーとはおそらく、ほとんど無意識のうちに自己正当化をやってのけ、しかもそこに高等で筋の通った理屈を考え出すことのできる人間である。

にほんブログ村 本ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

シューズ リメイク

003_2 飽きちゃった白い靴。

001_4 004

材料  接着剤

そと歯ワッシャー(ネジ留めに使う部品で一袋¥128。写真ではイマイチだけど、キラキラしてとてもキレイ)

テロンソンの「染めQ ギンギラ銀」 大工センター等で¥748

002

中に新聞紙を詰め、ゴム底のヒールはガムテープで覆う。

 数回スプレーしたら出来上がり。染めQはすぐ乾くし、革のソフトな質感も変わらない。すごい。ただし匂いはけっこう強烈です。

006 007  ヒール部分にはワッシャーを接着。

 :

銀の靴で踊れ!!

:

:

追記:

1212 雨の日にはいて歩いたら、少し色がはげてしまった。白地に銀を重ねていたため、それほど目立たなくて済んだけど……。残ったスプレーを使って修正しなければならなくなった。晴れの日に歩くぶんには問題ないようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

燃えるジンジャーエール

 子供の頃にジンジャーエールを知って虜になり、外に出かけるとよく飲んでいた。(ジンジャーエールって何がいいの?とたまに聞かれるのだが、しょうが味の炭酸飲料というわけなので、スパイシーなおいしさがある。そして甘すぎない。なにより、ちょっと大人な気分になれた。レストランで注文すると、栓を抜いたビンと、氷だけ入ったグラスに青いレモンだかライムだかのくし切りをくっつけたものが出てくることがある。こうなるともう気分最高だ)。

 アメリカにはもともと、炭酸無しのジンジャーウォーターというものがあって、農民が炎天下の重労働のさいに飲むものだったという。だいたい水1リットルに対し、リンゴ酢半カップと、ブラウンシュガー1カップ、粉末ジンジャー小さじ1を溶かしたもの(バーバラ・M・ウォーカー「小さな家の料理の本」より)。糖分とジンジャーと果実酢の効果により疲労回復をはかったようだ。

Imgp5634  いただきもののウィルキンソン・ジンジャーエール。ビンの下部がデコボコでちょっとかわいい。

 風呂上りにあけてみたら、かつて味わったことのないほど強烈にジンジャーが効いている。風呂上りというより、朝の寝起きの一杯にふさわしいかもしれない。このジンジャー味は鼻にツンとくるほど強く、不用意に一気飲みするとむせる。舌や咽喉や胃が焼けるようにヒリヒリする。ビンの特殊な形状のためか意外に中身が少なく、一瞬不満に思ったが、いざ飲んでみるとこの量で充分だという気にさせられる。これは凄まじい。ウィルキンソンとはいったい……?

カナダかどこかのブランドかと思ったら、アサヒ飲料が出しているらしい。

「ウィルキンソン・ジンジャーエール愛好会」なるものを見つけてしまった↓

http://homepage1.nifty.com/merino/wilkinson/index.html

004 空きビン。花瓶として再利用。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »