« 「今日も僕は殺される」を観た | トップページ | 大根ごはん »

2008年12月17日 (水)

憧れのシルク……

 

001  パンティストッキングは嫌いだ。必要がなければ絶対着ない。しかし職場の規則でどうしてもストッキングを着用せねばならない。せめてガーターストッキングにしようかとも思ったが、不真面目なイメージがあるので、屈んだりお辞儀したとき後ろからチラッと見えたら困る(ストッキングの本場西洋では、そもそもお辞儀の習慣がないんだろう)

 絹のストッキング買ってみた。気分は古い映画のヒロイン。

昨今の品はすべてが絹ではなくて、ナイロン糸の芯に絹糸を巻いたというものなので、それなりに伸縮性もある。そしてこれがなぜか、微妙にあったかい。少なくとも、つま先が冷えて氷みたいになることはない。これをはくようになった後、たまたま普通のナイロンのパンストで出かけたら、違いがひしひしとわかった。好きになりそう。ただし一足1000円くらいする。高いです。長持ちすることを祈るしかない。ネットに入れて洗濯機で洗ってもいいらしいが、もったいないからなるべく手洗いする。

どうでもいいけど、絹って蟲の分泌物なのよね……

|

« 「今日も僕は殺される」を観た | トップページ | 大根ごはん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28889/26270195

この記事へのトラックバック一覧です: 憧れのシルク……:

« 「今日も僕は殺される」を観た | トップページ | 大根ごはん »