« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月27日 (金)

消毒という名の儀式……

誰の著作だか忘れてしまったが、ギリシャ悲劇を読んでいたら、こんな場面があった。

 ある男(オレステスだったような気がする)が、復讐の女神の呪いを受け、妖怪のような恐ろしい姿をした3人の老婆に鞭でめった打ちにされる。このシーンが凄絶に、くわしく描写されている。その鞭は刃物のように鋭く、男はあまりの苦痛に悶絶して地面を転げまわり、肉は裂けて骨から垂れ下がり……などとある。

 この仕置き人の老婆たちは夜間しか活動しないので、日の出とともに立ち去る。そこへ男の身内の男女(主人公がオレステスだとすると、女はたぶん姉のエレクトラ)がやってきて、「彼の全身をきれいな水で丁寧に洗い、油を塗り、裂けた肉を布で縛った」とある。医者を呼ぶでもなく、消毒するでもなく、縫合するでもない。にもかかわらず彼は生き延び、呪いから解放されると、傷が塞がって回復したことになっている。

 これは極端な話だが、古代ギリシャ人がケガを「水で洗って油を塗り、傷口が開くようなら包帯する」という光景は、他の物語にも出てくる。こんなやり方で、剣がかすった程度の傷ならあっさり治ったように書かれている。神話の時代の出来事といったらそれまでなのだが、ファンタジーも歴史物も含めて、こういう話はいくらでもある。消毒薬もない状況で傷を負いながら、たくましく生きている。古代人は強くて、現代人はひよわになってしまったのだろうか? それともしょせん作り話なのだろうか。しかし、この本を読んだらまんざらありえなくもないという気がしてきた。

51nuiaawp1l_sl500_aa240_1_2「キズ・ヤケドは消毒してはいけない」夏井睦著

 これによると、ばい菌は水道で洗えば充分、水で押し流されていなくなる。また傷を乾燥させれば治るというのも嘘なんだという。

 前からハイドロコロイド素材バンドエイドの「キズパワーパッド」はたまに使っていて、説明書に水で洗えとあるからその通りにしていたが、細かい理屈は初めて知った。

私は新しい物好きだが、この考えはただめずらしいわけでもない。よく「お肌にはうるおいが大事」という。あらゆる美容関連記事がしつこいほど「保湿、保湿」と語り、「刺激はトラブルのもと」といい、敏感肌用化粧品の箱には「アルコール無添加」と書かれている。日頃こんなに大事にしているお肌なのに、傷に限ってはなぜか乾燥させるのが常識で、刺激たっぷりの消毒薬をかけてもいいことになっている。

このように、日頃からぼんやり感じていた矛盾や違和感が解消される。

もともと女は美容に関して、この嘘まみれの儲け主義の、新説も珍説も次々出てくる中で、自力で情報を選び取って生きているのである。自分で選んだやり方は自分の顔に返ってくる。だったらこの思想も、たとえこの先生がノーベル賞もなんにももらわなくても、自分がよさそうと思ったら実践する。

 しかしこれはけっこうスリリングな革命の書だ。常識が転覆するのは素敵だし、新しい時代の幕開けをこの目で見るのかと思うと胸がときめく。ただ、病院の保守的なシステムの中ではそう簡単に支持されないという。それでもいつか本当に、こんな治療法が世界の常識になったらどうしよう。この先つくられる映画から、アクションの合間に痛がる相棒を消毒するという、コミカルにもロマンチックにもなりえたあの場面がなくなって、生理食塩水なんかで洗うようになってしまうのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

「BOY IN THE BOX」

41tgjtwuw5l_aa240_1  映画はたいがい字幕版しか観ないのだが、前半部分のセリフがワケわからなすぎて、日本語吹き替え版にしてみたり、そのあと関西弁吹き替え版にしてみたりして、けっきょく3回も観てしまった。姉と彼氏のベッドシーンやパパのおトイレシーンは関西弁バージョンの方がおもしろかったりする。ただ流血場面は標準語がイイ。

 お岩さんを子供っぽくしたような人物だったのが封印され(?)箱の中に住んでいるジョージ。箱の中から液化して出てくるシーンが素敵。キャラクター的にリングの貞子ほどの迫力はないんだけれども、このSFXだけならTVから抜け出るよりすごい。鍵穴からニュッと出てくる様子が、何度観ても生々しくて不思議だ。床にべっちょり腹ばいになった姿や、人面猫になった姿がエロキモかわいい(これはなんと便利なギャル語だ)。このジョージ入りの箱ほしい。ただし眼球を奪われる危険がある。そんな彼を父がどこまでもかばおうとするあたり、やはりボーイ・イン・ザ・ボックス、箱入り息子なのか

(それにしてもこの箱から出るシーン、「アラジンと魔法のランプ」的な、自分の中の少女の感性で見るからこそあやしく魅力的なのであって、ふっと大人目線になって「鍵穴→出産と成長の短縮」などという連想をはじめたらもうダメで、本気で気色悪くなってくる)

 この監督は日本人で、「スピーシーズ」にも参加した特殊メイクアーティストらしい。変な映画と見せかけて、妙にきっちり伏線が張ってあったり、うまくコンパクトにまとめられたストーリーがあったりする。でも1時間もないのにレンタル料は120分作品と同じでやや損した気分。

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

あやしい葉っぱ

018  葉っぱ自体にフレンチドレッシングのような味がついている(葉っぱ自らがドレッシングを分泌している?)不思議な野菜。多肉系の観葉植物のような葉で、裏側に硬く透明なツブツブがついている。商品名は「ソルトリーフ」……ただし塩味というより、やや酸味のあるビネガー風味。

 そのまんま食べるだけですごーくおいしい。

 遺伝子組み換えまではされてないらしいが、人工的につくられたもの。ちょっとSFチックで罪なおいしさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

供養のお時間

 J-GARDEN 行ってまいりました

 とりあえずこれで行ってみたかったイベントはひととおり参加したような感じです

 お世話になったみなさまどうもありがとうございましたm(_ _)m

それにしてもイベント後記って毎回同じような文章になってしまうんだな……

 

一応無料配布本とコピー誌持っていきました。でも予定してた小説の紹介などを付け加えている暇がなかったので短編だけ印刷してった。(というか、ここでいつも書いてるから飽きた。)

 というわけで今回は、最近みつけたこんな本です

私は勉強しようとか時流を知ろうとか、とにかくあえて気張るような読み方が嫌いなのだが、それでも、一種の義務感から本を選んでしまうことがある。題名が目に入って「あっ」と思うが、面倒なので「見なかったことにしよう」と通り過ぎようとする。ところがそこで、あたかも見えない手に襟首をひっつかまれたように、「おいこら、ちょっと待て。おまえが読まなくてどうすんだ」という心の声がする。……供養のお時間。(説明しにくいけど、こういうのを読むのってホラー映画撮る人が神社へお参りに行くような罪滅ぼし的な感覚)。

:

41m4fgw22pl_sl500_aa240_1

「少年への性的虐待」

リチャード・B.ガードナー著 訳.宮地尚子他

:

:

寝る前に読むと悪夢をみるほど、めくるめく近親相姦と性的虐待事例の数々。幼稚園や小学生の息子を襲いまくる父、母、兄、従兄、近所のオッサン、ベビーシッターなど。加害者のほとんどが、「表向きは真っ当な市民だが裏の顔を持っている」という人々である。誰も信じられなくなりそうだ。そんな虐待のトラウマから人間関係や社会生活に困難をきたし、精神科医を訪れた被害者たちのカウンセリング治療の過程を綴る。

 これは、誰にとってもまったく遠い話ではないと思う。被害者の成人後の様子について描写した部分を読んでいると「やだ、これってあたしが知ってるあの男の行動にそっくり」ということがある。普通に生活して見てきた中でも「ちょいとあんた、じぶんチのおふくろさんに2、3発夜這いされたんじゃないのかい」とでも言いたくなるほど異常性を持った男性は決して少なくないと感じる(しかしこんなことを面と向かって言ったら中傷や侮辱ととられかねないし、当人の口から虐待の事実を打ち明けられたことはないので、なんともいえない)。

被害者の中には、妻やガールフレンドの熱心な勧めによって精神治療を受けにきた者もいるとされている。そのあたりは詳しくは語られないが、彼女たちの努力と忍耐と長い道のりには思わず合掌。

 ところで「少年を標的にする男はゲイなのか」について書かれた章があるが、これは私も常々不思議に思っていた。他の章で、被害者が10歳前後で虐待が開始され、15歳くらいになって捨てられた(解放されたというべきか)、というケースが挙げられている。昔読んだ、なんの本だったか忘れたが、ロシアの人身売買組織の一員の証言(娼館に売りわたす少年を捕獲するさいのポイントは、金髪、色白、小柄でなるべく幼く見えること。声変わりしたり毛が生え始めたらお払い箱)にあった、その店の客筋とも通じるわけだ。

つまり加害者はどう考えても、大人の男同士で付き合うような、ビーチでマッチョとたわむれていそうなフツーの(?)ゲイと違う。かといって、少年が女性の代用品になりうるとは考えにくい――というか私の脳みそでは理解不能だ(たとえば、私がアンジェリーナ・ジョリーを好きだったとする。そこへ小学生くらいの男の子を連れてこられて、この少年をアンジェリーナ・ジョリーだと思ってセックスしろ、と言われても到底不可能である。もしできるとしたら、その子をなにかの代替物にしたということではなく、もともと子供を餌食にするような企みを持っていて、それを発動させた結果としか考えられない)。たぶん小児性愛者の中には、性別以前にまず「幼い」という点を重視し、第二の条件として性別に関する嗜好がある、というような者がいるんだろう。

 それはともあれ、とにかく丁寧で、最新の見解も取り上げた、かなりいい本だった。

にほんブログ村 本ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

008

文房具屋さんのセールで厚紙ゲット。

これはお買い得!コピー誌の表紙に使える!

と買ってきたけど、題名はどうやって入れるんだろ……?(コピー誌では普通こういう紙は使わない)。

後ろの方で「版画にしろ」という声が聞こえた。そんなもの彫ってる時間ないんだけど。

それにしても紙コーナーをうろうろするのは楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »