« 今月のクラフト | トップページ | ハイパーグラフィアの謎 »

2009年6月 1日 (月)

思い出の栗本本

019  お花写真でも奉納して、

今週は訃報にびっくりだった。さてさて、この機会にさっそく栗本薫のBL本について書きましょう、と言いたいところだが、実は「これが傑作だ」というふうに紹介できるほど詳しくない。私は山藍紫姫子は好きだったが、栗本JUNEは個人的にとっつきにくく、勝手に「懺悔モノ」と名付けたりした。

 きっちり読んだのは中島梓の方の、「コミュニケーション不全症候群」と「タナトスの子供たち」だった。「コミュニケーション~」で紹介されているJUNE本は古典名作的な馴染みのないものが多く、そういう意味では「タナトスの子供たち」の方が親しみやすい評論だった。ただ「コミュニケーション~」は私が見つけた初めての、やおい&JUNEについて真剣に考察された本だったから、ずいぶん新鮮に思えたし、なかなか鋭い洞察だと思った。ある時などは、自分で自分のことをしきりに「オタク、オタク」と言っている男友達にその本を貸した。

彼は後に、たいそう腹を立てた様子で本を突っ返してきた。何が気に入らないのかと不思議に思って話をきいているうち、あることがわかった。彼はオタクが時代の最先端にいて流行を予言する存在であるとか、オタク的知識をもちいて趣味のみならずビジネスでも大成功した者がいる、というような、明るく夢のあるオタク像を信奉していた。だから、中島梓が本の中で、落伍者の現実逃避のような、男オタクの負の側面ばかりを強調しているのが不愉快だったらしいのである。

(ただ、これは男オタクを非難するために書かれた本ではない。私としては、JUNEを読んだり作ったりする変な女たちの心理や社会的背景を考察してみましょう、という本であると思っていたし、男オタクについて言及した箇所はほんの一部だったように記憶している)

 その「コミュニケーション~」の中の、短い文章ではあったが、こんな箇所が印象的だった。

 医療技術の発達により、昔ならば乳幼児期に死んでいたような男子が生き延びるようになった。しかし彼らは、本来淘汰されていたはずの弱い個体である。現代のテクノロジーと豊かさのおかげで一応健康になり、成人して社会へと出て行くが、実は自分の生命を維持するだけで精一杯で、次世代を生み育てるだけの余力はない。それがすなわち生身の女性を愛さないという精神の根底にあるものではないか、という。

(だからかどうか知らないが、私がとあるオタクの掲示板で、結婚の害悪について語り合ったものを見たところ、誰一人子供の誕生を想定していないのが奇妙であった。言うまでもなく、その点を抜きにして結婚制度を批判することはできないはずである)

中島梓は生物学者ではないので、具体的に統計をとったりはしていない。たとえ統計をとったとしても、物事の理由とは複合的なものだから、乳幼児期に病弱だった事と、現実よりも架空の少女を好むか、将来所帯を持つかどうか、等は必ずしも即座に関連するものではないと思う。が、ちょっと興味深い指摘である。

 というのは他ならぬ私自身が、現代の医療技術がなければ誕生することなく、今ここに存在しなかったはずの個体なのである。私は人工的処置が普及したことによる余剰の生命体、いわば人生そのものが余剰の時間ともいえる。それなら今命があることに感謝して、何か世のため人のためになるようなことでも考えればいいのに、そういうエネルギッシュな心がけもなく昼寝なんぞしているのであった。

|

« 今月のクラフト | トップページ | ハイパーグラフィアの謎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28889/29888841

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出の栗本本:

» 栗本薫 Wiki [本日のネットで話題のニュース速報]
スター・トレック (2009年の映画)見てきました 登場人物も「スポック」は知っている(見て名前が言えるだけ…どういう人物なのかは全く知らない )けど…というレベルの私でも十分楽しめる映画です。 これは、お勧めです。 転送の場面で…何故か栗本薫さんのグイン・サーガを思い出してしまいました。合掌。(続きを読む) 「時の石」 いまから思えば、どの話も、いまの僕の考え方の根底にあるような気がします。それだけ大きな影響を受けていたんですね。 著者の栗本薫さんのご冥福をお祈りし、素晴らしい本を世に送り出... [続きを読む]

受信: 2009年6月 1日 (月) 10時11分

» 栗本薫 葬儀 [夕刊!芸能ニュース速報]
【古本】ガルムの報酬 グインサーガ 60/栗本薫商品価格:210円レビュー平均:0.0 栗本薫 作家の栗本薫さんって、容体大丈夫なんでしょうか???グインサーガの最新...栗本薫 作家の栗本薫さんって、容体大丈夫なんでしょうか???グインサーガの最新巻で、また入院したって書いてあったし…。心配です。。。[⇒回答を読む] 栗本薫氏が亡くなられました。「グインサーガ」は未完のまま終わるのでしょうか?栗本薫氏が亡くなられました。「グインサーガ」は未完のまま終わるのでしょうか?[⇒回答を読む] ... [続きを読む]

受信: 2009年6月 1日 (月) 15時55分

» 栗本薫 追悼 [バコバコ!最新情報]
グイン・サーガ #9 それから、番組の最後に原作者の栗本薫さんの訃報を取り上げてくれたのはよかったです。 アニメを最後まで見られることなく栗本さんは亡くなられましたが、その作品への思いを汲んで、これから先のアニメがよりよいものとして欲しいと思いました。(続きを読む) 新たな目標を!! ニュースでも皆さんご存知だと思いますが、とても残念なことに先日作者の栗本薫さんが亡くなられ結局未完に終わることになりました。最近のあとがきや別の本で体調が悪いことは知っていましたがこんなに急に亡くなられたのでショ... [続きを読む]

受信: 2009年6月 1日 (月) 20時00分

« 今月のクラフト | トップページ | ハイパーグラフィアの謎 »