« 永遠の美しさについてのいくつかの考察 | トップページ | ピンプおじさんの優雅な生活 »

2009年7月27日 (月)

「身体性としての四季」観てきました

 玉川学園チャペルで、芸術学部のファッションショー見てきました。

 お洋服はいいんです、お洋服は。ほんと素敵。

 ところが、受付で配られた小冊子が個人的に変。

 テーマは「日本の四季」だそうで、たとえば「秋」のページはこんな感じ。

 031

「ネット検索をしてみると『恐慌』という言葉が駆けめぐっているけれど、私たちの豊かな消費生活は変化なし」

って、何ソレ? その「私たち」っていったいどこの誰のこと言ってんの!? そんなヤツがいたら今すぐあたしの前に連れてきて頂戴。一発殴らせてもらおうかしら。

自慢じゃないけど私はその「豊かな消費生活」とやらをさせていただいたことなんてないんですけど! 強いていえばガキの時分にバブルの残滓を舐めた程度だわよ。今日だって無料っていうから来たんじゃないのさ。金があったらとっととバーゲンにでも繰り出してるわよ。だいたい経済的な事情で学校やめてった子なんてあたしが学生の頃からすでにいたし、今ならもっと苦学生いるはずでしょ。この「私たち」ってつまり、「私たち金持ちで親の就職コネもある学生は」ってこと? それともこの子たち、100円ショップで化粧品買って半年に一回ユニクロで5000円分のお買い物するのが「豊かな消費生活」とでも思ってるのかしら。それならそれで幸せかもしれないけど、仮にもデザインをやろうって人がこんな総チープ化した状態を「豊か」なんて言ってるようじゃまずいでしょうよ。

さらにコンセプトページには「百年に一度の不況と言われる現代。それでも私たちの日常は変わっていない。相変わらずエアコンの効いた部屋に閉じこもり、メディアによって外部と繋がっている」とか「冬」のページにも「雪に降る街角の映像をエアコンの効いた快適な室内で見ていた」とか、とにかくエアコンだの空調だのと繰り返し出てくる。どこのどいつよ、今時節約もしないで毎日そんなにガンガン空調フル稼働してるのは! あたしなんか子供部屋にエアコンなかったし、アパートだってエアコンのない部屋借りてたわよ。今だってクーラーも扇風機もつけてないわよ(下着姿だけど)。学校や職場や電車のエアコンは自分が求めたわけじゃないし、夏は冷えすぎて凍えるわ、冬はセーターの下で大汗かくわ、温度差でバテるわ、むしろ大迷惑。こんなのが快適だなんて冗談じゃない。で、結論が「私たちは環境を体で感じることを忘れ」「自然を感じ取る感性が破壊され」って、かなり無理してこじつけてない? 都会には都会なりの四季があるわけで、アスファルトにだって豪雨は降るし、ベランダにだって花は咲くじゃない。好きなら海や山だって行けるじゃない。自分の鈍感や出不精をエアコンのせいにしてどうするの、意味わかんない。

とにかくこんな調子で、四季のページ全部、左側に去年から今年にかけての社会状況や事件の要約、右側にそれとまったく繋がらないポエム風の文章……というトボケた構成になっている。この左側の文章、いらないんじゃないの。ここまで書くなら、お洋服のテーマも「怒り」とか「崩壊」とか「狂った自然」とかにしちゃって、「温暖化で苦しむ白クマを表現したお洋服」とか、「解雇されて派遣村に身を寄せた人のためのオシャレな無料服」とか、そこまでやらないとつじつま合わない。これだけゴタゴタ言っておいて、服の方は「日本の四季を見直しましょう」とかいって、あくまでもキレイでファンシー。季節の表現っていってもアートとしての話で、たとえば「寒い冬をエアコンに頼らず乗り切る服」とかではぜんぜんないんだもの。だったらいっそ何も書かないで、「どうですか、美しいでしょ。日頃の疲れや悩みは忘れてしばし幻想的なひとときを」でいいのに。待ち時間にこの変な冊子読んでたせいで、お洋服見る前からムカムカしちゃったじゃないのよ、どうしてくれるの。

と、いろいろ書いたけど、肝心のお洋服はそんなの忘れさせてくれるくらい素敵なんです、ほんとに。学生は悪くないのよね、きっと。下手に口出した教員とか芸術学部長とか、スタッフ欄に書いてある「コンセプト指導・大島幸治」とかいうこのオッサンがいけないんじゃない? だって学生が安直でもべつにいいけど、指導教員ですら疑問持たないってどうなのよ。「大島ってどの人ですか」ってきいて一発ひっぱたいてくればよかったかしら。

 そういえば学部長の挨拶文によると、このショーは組織の縮図で、企画段階から学生たちが仕事を分担し、協力し合って作り上げることがポイントなのよね。つまりあたしみたいに、こんな部分で文句つけて大島と大ゲンカしそうな人間ははなから失格ってことかしら。あ、ちょっと待って大島。うそうそ、ぶたないから~(って知らない人だけど)。

|

« 永遠の美しさについてのいくつかの考察 | トップページ | ピンプおじさんの優雅な生活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28889/30711871

この記事へのトラックバック一覧です: 「身体性としての四季」観てきました:

« 永遠の美しさについてのいくつかの考察 | トップページ | ピンプおじさんの優雅な生活 »