« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月29日 (日)

エイメ「サビーヌたち」

51ewxmryqyl_sl500_aa240_1  一人は確実に収入を得られる仕事をし、もう一人が芸術的活動をすればいいというわけで、「自分が二人いればいいのに」と真剣に思ったことがあるわたくしです。

 これは最近見つけた、昔のフランス作家の異色な「分身女」モノ。

マルセル・エイメ「サビーヌたち」(角川文庫「壁抜け男」長島良三訳 より)

平凡な主婦サビーヌは特殊能力の持ち主で、分身をつくりだし、どんな離れた場所にも同時に存在できる。この分身たちは肉体と精神がシンクロしていて、無限に増殖することができ、不要になれば合併吸収もできる。

最初は分身を家事に使う程度だったサビーヌだが、あるときセクシーな画家に恋をして、この力を使えば完璧なアリバイのもとに不倫ができると気付いてしまった。この画家は怠け者で、彼女をもっと分身させて金を貢がせようとたくらむ。まんまとのせられてしまったサビーヌ、三人目の分身を大富豪の老人と結婚させ……

 

という調子で、ひょんなきっかけからどんどん分身が増えてゆき、しまいには分身が6万人を越えて世界各国に散らばる。これで彼女に政治的野心でもあったら一大事になるところだが、彼女の関心はひたすら恋に生きることだけなので、いたって平和だ。

ダイナミックなようなみみっちいような、奇抜でおもしろい小説なのだが、この著者、どうしてもキリスト教的世界観を持ち込まずにいられないらしい。

「分身を使って複数の男と暮らすのは道徳的にいいのか悪いのか」と思い巡らすのはまだわかるが、ゴリラと呼ばれる男が出てくるあたりから、だんだんついていけなくなってくる。スラム街で暮らしていた分身の一人が暴力男に襲われたことをきっかけに、他のサビーヌたちが「改心」を始めるのだ。

そもそも恋に関しては負け知らず、しかも分身能力を使えばどんな怪力レイプマンも撃退できたはずの彼女だから、相手の男もそれ以上の超能力と悪知恵を持っていた……という設定にせねば辻褄が合わない。それがただ単にサルみたいなやつで、彼女も「自分には拒む権利がない」と、いつの間にそこまで自虐的になったのかよくわからない。

さらに、どうせ改心するならすべてのサビーヌが結託して性暴力撲滅キャンペーンを始めるとか、女性の経済的自立推進委員会を設立しました、というなら真っ当だ。ところがこの虐待されている分身はそのままに、「他の分身たちの一部が愛人をすてて真面目な仕事につき、清らかで勤勉な生活を始めた」といわれても、なにか釈然としない。

働くのは結構だが(というか今まで誰も働いていなかったのか?)、一人の暴力男のせいで合意だったはずの恋愛や性生活まで否定しはじめる姿からは、「清らか」というよりむしろ「精神的外傷」という言葉が浮かぶ。それでもなおかつ男を信じて愛そうとしている他の「改心していない」サビーヌたちの方が、ある意味すごいとも思えるのだが。

解説によると、この暴力男は「神が」送り込んだことになっている。確かにそう読めないこともないのだが、だとしたら、火遊びした娘を父親が仕置きと称してレイプするのと大差ないではないか。これはまずい。一歩間違えると「奔放な女はちょっと痛い目にでもあえば大人しくなるんじゃないかね」という、昔ながらの暴力的な理屈に繋がりかねないような表現のまずさだ。

そのへんは変なのだが、かなり笑えるブラックな話で、サビーヌと画家とのやりとりもおもしろい。ちなみに画家の方の「改心」の仕方は、かなり順当だった。

にほんブログ村 本ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

もう一人のシーリア

41mh1f2c64l_sl500_aa240_1  私はスタージョン自体はとくに好きではなくて、この人のほかの作品にもそれほど興味がわかなかったんだけれども、この短編だけはすごく好き。ただ、この物語の何がそんなに強い印象を残すのか、説明するのは難しい。

人間社会にまぎれた怪人物の哀愁漂う物語、「もうひとりのシーリア」シオドア・スタージョン(河出書房 大森望編「不思議のひと触れ」より)

ボロアパートの住人スリム・ウォルシュは、人の生活を盗み見るのが趣味。かといって話しかけて仲良くなる気もない。住人に気付かれずに鍵を開閉する方法を発見し、他人の部屋を覗き見してまわっているうち、ある一人暮らしの女の、異様な秘密を知ってしまう。

シーリアはディスカウントショップで働く、地味で目立たない女性。実は、人工皮膚みたいな人間の皮(?)を二枚持ち、その二枚を交互に使うことで人間になりすましている。

服は一揃いしか持っていないのに、皮は二枚持っているというところがなんだか笑える。毎晩仕事から帰ると、自分の中身を皮から皮へと移動させる。この場面はすごく不思議で、映画でも小説でも、他のSFやファンタジーでは見たことのない怪異だ。グロテスクというより、清らかで静謐な雰囲気もある。ミュータントか、異星人かはわからないが、何か企んでいるというのでもなく、ただやむにやまれぬ必要(生理的欲求?)にかられてそれをする。人類より優れているのか、劣るのかという問いも無意味で、ただひたすら「違っている」。

覗き男ウォルシュは好奇心にかられて、シーリアの皮のうち一枚を盗んで隠す。孤独な男が天女の羽衣を盗み、「返してほしければ嫁になれ」とせまる昔話にちょっと似てきたか……と思ったら、意外な悲劇であっさり幕切れ。シーリアは人間には想像もつかないほど複雑で脆く、スペアの「人間スーツ」を失って中身の入れ替え作業が遅れたことで致命的ダメージを負う。

彼女の「人間のフリ」はこんなにも命がけで、ちょっとした手違いで壊れてしまうギリギリのものだったのだ。ほとんど何も持たずに生活し、誰とも関わらず、都会の片隅でひっそりと低所得労働に甘んじていたシーリア。この、中身入れ替えというのか皮の交換というのか、これをすることによってかろうじて生命を保っていたらしい。

ちなみにこのスペアの皮、なぜかタイプ用紙を真ん中だけくり抜いたものの中に隠されている。他人にはどんなに奇怪に見えようと、この行為が彼女の存在の核であり、二枚目の皮なしには彼女の存在もありえない。すぐ近くで暮らす者さえ彼女の秘密を知らない。唯彼女に一関心を寄せた男は、ひたすら情報を集めるだけで交流も意志の疎通もまったくできない――

このシーリアを名乗る生き物が何なのか、何の目的で人間のフリをしていたのかは謎のままだ。危機に陥っても同胞に助けを求めるわけでもなく、あくまでも正体を隠すために自爆したようにも見える。人間の中でひとりぼっちであるだけでなく、謎の生命体としても天涯孤独のようだ。

ウォルシュの「傷つけたかったわけじゃないのに……」という言葉が、互いに決して理解できない者同士の断絶を表わすようで物悲しい。

シュールといえばシュールなのかもしれないが、私には「これは現実そのもの」と思えるほど本質的な何かを含んだ、暗喩のような都市伝説。シーリアは私にとって、身近で、どこか懐かしい存在。今もたくさんのシーリアたちが世界のどこかにいる、と感じる。

にほんブログ村 本ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

予算内で地球人女性になる

116  高校で同じクラスの友達の部屋に入ったところ、化粧道具一式がドレッサーの上に、お店のようにきれいに並んでいるので驚いたことがある。学校でも外でも卒業してからも、その人が化粧した顔を見たことがなかった。「使わないの」ときくと、「使ったことない」という。「じゃあどうしてこんなにあるの。誰かにもらったの」ときくと、「自分で買った。とりあえず持ってるだけで満足」という。実際その表情は晴れ晴れとして、「使いもしないものを買ってしまった、アアもったいない」などという悔恨は一片たりともうかがえない。

これは極端な例かもしれないが、たしかに化粧品は実用性だけでなく遊びやインテリアの要素も強く、買うこと自体が楽しい。金銭的・時間的に余裕があるなら、あれもこれも試したい。

余裕がなければ当然「実際必要なものだけ買おう」と思う。ところがそう思っても、何が必要で何が必要ないのか長い間よくわからずにいた。種類が多すぎるのだ。

買ってはみたものの結局あまり使わなかったものを「必要ない」と判断する。それを繰り返して何かを知るには、ある程度の歳月と経験がいる。そして「だまされた」「失敗した」と思ったときには、ほどほどに痛みを感じる神経が必要である(少しも痛みがないと学習できない。逆に痛みが強すぎると二度と冒険できず、いわゆるケチと化す。この感覚は生まれつきのような部分もあり、必ずしもその人の収入と直結しない)。

これは、私の経験から割り出した「実際に必要」な化粧品です

日常的に必要:

ローション、フェイスパウダー、眉毛を描くペンシル

季節によって必要:

春夏 日焼け止め

秋冬 椿かオリーブかスクワランか、とにかく何かのオイル

とりあえずこれだけあれば年間乗り切れる。オイルは自分に合ったもので、油焼けしにくいもの。1本で顔、髪、唇の荒れ、手荒れ、爪、かかと、などマルチに使いまわす。顔用だけ別に上等のオイルを買ってちびちび使うなどしていると、けっきょく劣化させてしまう。30mlくらいのを買って、開封したらどんどん使って、酸化しないうちにカラにした方がマシ。食用油で代用すると、匂いや使い心地が不愉快。ただ何も無しで真冬を過ごすくらいなら、食用のバージンオリーブオイルかグレープシードオイルを容器に小分けにしてでも使ったほうがマシ。

とろっとしたクリームやジェルや美容液は、基本的に肌の乾燥に効かない。なぜ効かないかバイオな理由が書いてあるサイトはあると思うが、細かいことはさておき、実感として効かない。安全性にこだわって選べば選ぶほど効かない。水で薄くといた糊を顔にのばしたようなもので、しばらくすると乾いて見えない膜になる。水で洗うと再びヌルッとして、粘液みたいなものが流れ落ちるのがわかる。顔に吸収されるわけではなく、表面にくっつく→流れ落ちる をただひたすら繰り返す。値段の割に合わない。だからなくてもいい。もしくは「夢を買った」と割り切る。

お出かけ用に買い足すとしたら、

ファンデーション、チーク、アイライナー、アイカラー(濃い色と、キラキラした白っぽいもの一個ずつ)、マスカラもしくはアイラッシュ、リップグロス

これは全部そろっていてもいいし、一つ二つ欠けていてもいい。余裕が出来次第、興味のあるものや、自分の顔にとって優先度の高いものから順に「ふだん用」に追加してゆく。

ポイントは、「どうしても必要な道具群」と、「ないならなくてもいい道具群」を分ける。

 新たに人間界へ来る者への忠告:オリーブオイルはオリーブからとれるし、馬油は馬からとれるらしいが、「ベビーオイル」だけは赤ん坊の脂肪を搾り取ったわけではない(肌によさそうではあるが)。間違って人の脂を売る商売など始めないこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

ココナツ豆腐

Photo ココナツミルク1缶400mlを鍋に入れる

だまがなくなるように木ベラでまぜながら、沸騰させずに弱火で加熱。

うっすら湯気が出てきたら、市販の杏仁豆腐の素を投入。とろ火にしてよくまぜる

火をとめてさらにまぜる

すっかり混ざってなめらかになったら、容器に流し込んでさます

さめたら冷蔵庫に入れて冷やす

*

杏仁豆腐のもとは、説明書では「400mlの熱湯で溶かし、100mlの牛乳を入れる」ことになっていたが、贅沢して400mlの熱いココナツミルクで溶かす(牛乳は入れなかった)。べつに問題なく、やわらかい豆腐状にかたまる。なんだか妙に濃厚な、パンナコッタみたいな感じのデザートができます。めっちゃ甘くてもっちりしていて、ストレートティーのお供にちびちび食べるのに向く。

どうしてココナツミルクを使うと、薄汚れたハンカチみたいな淡い灰色になっちゃうんだろう……

それはきっと 南国を恋しがる ココナツの涙の色なんです

(?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

仮装パレード見物

025 川崎シネチッタ広場から出発していく仮装行列。すんごい人です。

027 これ好き。街を行く地獄の戦車(?)

上から亡者の手がいっぱい生えてる。

この後ろから仮装の人々がついてきます。

024

右下をゆくのは、あまりに正統派すぎてひときわ目をひいたオバケさんです。内部構造は不明。握手を求めたら、シーツの下も人の手じゃなくて、なんだかふわふわのグローブみたいなもんに触った。見えないところまでキメてらした(汗

0382 行進も終わって、かぶり系の仮装の人はたいがい着替えてしまった中で、まだまだサービス。頷くだけで喋らないので声も不明。もしこの中に入ってるのが宇宙人でも、今夜ならわからないのね……

037 「ロッキーホラーショー」のファンクラブの人々のダンス。この映画、歴史的名作らしいのは知ってたけど、ファンクラブまであるとは知らなかった。毎年ハロウィンだけの特別上映で、このクラブの人々が企画してるらしい。

 というわけでロッキーホラーショー、初めて観た。わけのわからん変なミュージカルだった。B級ホラー風なんだけど、役者はさりげなくスタイル抜群の美形たちで、歌もダンスも一流。ヒロインの間抜けな役どころと見事なソプラノのコントラストがビビッドだったり。クライマックスで、メインキャストがずらっと横に並んで、男女ともにおそろいのコルセットと網タイツとハイヒールで踊ってるとこは、美しかったです。上映前にダンスの講習があって、客席でも踊ることになってるので、こっちも負けじとコルセットで踊ってた(コスプレではなくたまたま)。そして隣では、黄レンジャーが黄色いマスクのまま踊ってた……。

他におもしろかったのは、ヒチコック作品の中で私が一番好きな「ロープ」のパロディらしきシーン(なんで「ロープ」がいいのかというと、ブラントン×フィリップのカップルが中学時代の私にとって思いっきりツボだったから)。もっとグロい映画かと思ってたがそれほどでもなくて、内容は一言でいうと「変態でもいいじゃない」。あそこに集まって、あれを観て盛り上がってるファンの人たちって、もしかしてクィアの人々なのだろうか。謎だ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »