« 謎の足音 | トップページ | 居候の極意はパンダに学べ »

2010年2月 8日 (月)

マーク・ライデン

 多忙中につき ご無沙汰しております・ 

:

こんなの見つけた。

5129v8y4bwl_sl500_aa240_1_2  マーク・ライデンの画集「不思議サーカス」。この画家、去年の今ごろに個展があったらしいが、ぜんぜん知らなかった。どこかで見たことあるようなないような、キモかわいくてインテリアがこまかい、すてきな絵の数々。なぜかレオナルド・ディカプリオの序文つき(知り合い同士なのか? 本書にはディカプリオの肖像画も一枚収録されている)。私はディカプリオの人間性は知らないが、この序文を読んで見直した。なかなかもののわかる男である。

 序文はもう一人、日本人の野田凪という人も書いていて、「ライデンの描く生物であふれた惑星があったら一生住みたい」とまで絶賛するが、私はキリストとリンカーンと下の毛のない男女しかいない世界は断じてごめんこうむる。でも一週間滞在のチケットをもらったらたぶん、お気に入りの服とピンクのトランクを持って駆けつける。

 私としてはむしろ、「子供の頃、手術中に麻酔のせいで見た夢に似ている……」というディカプリオの言葉の方に共感する。この世界は麻酔でもなければ行けないくらい遠い。それでいて、つるんでみたくなるような女の子たちもちゃんと存在する。たとえば「40」(これは40と書かれた墓の前にアダムス・ファミリー風の女の子が座っている絵)や、「創造の女神」(これはなんとなくフリーダ・カーロに見えた)も魅力的だし、「女の子」「ジェシカの望み」「澄んだ心、灰色の花」の子たちがイケてる。少女を描きたがる画家は多い、でも女から見て「つるんでみたい」と思わせる女の子の絵を描ける画家は少ない。ちなみにヌードものでは、戯画化された自然や動物たちとのからみを描いた「最後の兎」「ソフィアの恵み」が個人的に好き。

図書館で借りただけなので返さなくてはいけないが、けっこう見ごたえあった。だいたいどこへ引っ越しても、近所の図書館が楽しいのは最初だけである。数年もすると興味ある本は借り尽くし、あとにはどうでもいい本や最初から読む気のない本だけが残される。その後は予約したものを取りに行くだけとなる。しかしたまたまこういうものを発見すると「あそこもまだまだ捨てたもんじゃない」と、また背表紙漁に行く気になるのだった。ごちそうさまでした。

|

« 謎の足音 | トップページ | 居候の極意はパンダに学べ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28889/33289632

この記事へのトラックバック一覧です: マーク・ライデン:

« 謎の足音 | トップページ | 居候の極意はパンダに学べ »