FOOD&SWEETS

2009年11月 9日 (月)

ココナツ豆腐

Photo ココナツミルク1缶400mlを鍋に入れる

だまがなくなるように木ベラでまぜながら、沸騰させずに弱火で加熱。

うっすら湯気が出てきたら、市販の杏仁豆腐の素を投入。とろ火にしてよくまぜる

火をとめてさらにまぜる

すっかり混ざってなめらかになったら、容器に流し込んでさます

さめたら冷蔵庫に入れて冷やす

*

杏仁豆腐のもとは、説明書では「400mlの熱湯で溶かし、100mlの牛乳を入れる」ことになっていたが、贅沢して400mlの熱いココナツミルクで溶かす(牛乳は入れなかった)。べつに問題なく、やわらかい豆腐状にかたまる。なんだか妙に濃厚な、パンナコッタみたいな感じのデザートができます。めっちゃ甘くてもっちりしていて、ストレートティーのお供にちびちび食べるのに向く。

どうしてココナツミルクを使うと、薄汚れたハンカチみたいな淡い灰色になっちゃうんだろう……

それはきっと 南国を恋しがる ココナツの涙の色なんです

(?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

薔薇ソフトクリーム

066 :0802  

またローズガーデン行っちゃいました。秋の薔薇は、なぜか水っぽくてフルーティなライチの香りがするんです(品種にもよる?)

 これからしばらく目をつむるとまぶたの裏をお花がぐるぐるしていそうです。

:

035 やはりあった! 定番の薔薇ソフトクリーム。薄ピンクでほんのり薔薇の香りがするけど、味はミルクでただのソフトクリーム。これどうやって作ってるんだろ。そういえば「薔薇ソースの伝説」とかいう長編小説があったような気がする……

005_2 変な生き物にチェリーピンクのロープをつけて散歩させてる夢を見た。その生き物は、胴体が犬で、鳥のくちばしがついてて鳥の脚がはえてて、頭のてっぺんには耳の変わりに、長細い真っ青な羽根が2本生えてる。そいつが人の家庭菜園のそばに糞をして、そこで働いてたおじさんに「困るなあ、ちゃんと片付けてよ」と言われ、こっちも「あ、今スコップ持ってきますので」と、なんだかとっても普通の会話……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

好きな駅おやつ

001

駅の売店で売ってるジンジャーの細切り(¥160)。甘くてライム風味がきいてて、ドライフルーツ風に作ってあるショウガ。美味いです。タイ産だけど添加物が少ないのも魅力。

一服するときはストレートティーも買って、これを食べながら飲めば、気分はジンジャーティー。元気出ます。

ジンジャラーの心をくすぐるお菓子。私的に最近の駅おやつの中でスペシャルヒット!

003 これも好き。ポップジョイ・ストロベリー(¥120)。でもこれ系のお菓子なら、昔ながらのグリコのイチゴポッキー(スーパーで100円しない)でもいいかな~と思ってしまう。

003_2

002 これは駅じゃなくコンビニにあった、サントリー「炭酸文明」。こんなに個性的でウケるパッケージに出会ったのは久々で、なんとなく80年代を感じさせる。壁画風のイラストに「古代へGO!!」とヤケを起こしたようなキャッチコピー、なぜか「ローヤルゼリーエキス配合」と、わけのわからなさが良い。どうして炭酸文明なのかというと「炭酸の起源は古代エジプト文明に王族が飲んでいたブドウの発泡炭酸が始まりだから」と一応説明がついていて、たしかにマスカットみたいな味がする。もし別の名前をつけるとしたらノンアルコール・シャンパンとでもいうような飲み物。味はあまり期待しなかったけど、わりとおいしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

きびだんご

Sn3f00150001

レトロな包装が気になっていた「きびだんご」60円。よく行く駅の売店にいつもある。

 幼少のころ桃太郎に感動したことはなく、しかもどの本を見ても挿絵の少年がなんだか気色悪かった。しかしきびだんご、現実には食べた記憶もないそのきびだんごというものに対する憧れ、それは心に深く刻み込まれて離れない……

Sn3f00160001 中身。形状はだんごというよりバーです。ようかんと水あめの中間みたいな、もしくはドライフルーツのような、ねっとりとした食感。昔あった「ぼんたん」とかいうお菓子に似ている。駄菓子みたいなもので、ひたすら甘いだけでおいしくはない。歯にくっつくので、おじいさんおばあさんに分けてあげるときは要注意(そういえば、いったいどんな年齢層をターゲットにしているんだろう、このお菓子)

 成分表示を読んだ。嗚呼、きび(イネ科の植物。五穀米や雑穀パン等に使われる)・・・きび入ってない・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

あやしい葉っぱ

018  葉っぱ自体にフレンチドレッシングのような味がついている(葉っぱ自らがドレッシングを分泌している?)不思議な野菜。多肉系の観葉植物のような葉で、裏側に硬く透明なツブツブがついている。商品名は「ソルトリーフ」……ただし塩味というより、やや酸味のあるビネガー風味。

 そのまんま食べるだけですごーくおいしい。

 遺伝子組み換えまではされてないらしいが、人工的につくられたもの。ちょっとSFチックで罪なおいしさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

お正月にグラマーになるには

0422 小宮が考えた体重増量法

○好ましくないこと

*ヒマだからといって一日中部屋でゴロゴロする・・・動かない→腹が減らない→食べない→胃が縮んで小食になる

*夜遅く食べる・・・翌朝空腹を感じないので、ついつい朝食抜きで出かける

*菓子をよく食べる・・・お菓子やスナックは栄養がないのに、なんとなく満腹したような錯覚を起こし、本来すべき料理やメインの食事がおろそかになる。どうしても甘いものが欲しいときは、スナックや冷菓よりも、菓子パンやホットケーキ、クレープ、ぜんざいなど

*食事に時間をかける・・・ノロノロ食べていたら、ぜんぶ平らげる前に満腹になってしまう。食べ始めてから20分くらいの間が勝負。もし同席者が会話したがっている場合は「自分としては食べ終わってからゆっくりお話したい」と伝え、とにかくどんどん口に入れる。懐石料理やコース料理は増量には不向き。

間食する・・・なるべく食事と食事の間は何も食べず、ぎりぎりまで空腹感を高めてから一気に詰め込む。食事の直前に「ちょっとだけ」と思って甘い菓子に手を出す、もしくはジュースを飲むのはNG。塩辛いスナックを少量だけ食べるなら、本来の食事に影響しない

*食べ過ぎる・・・胃腸をこわす→体重が減る

*不規則な生活・・・食事を抜く、もしくは簡単なもので済ませることになる

*食費を削ってでも他の何かが欲しい・・・しかし、食費だけはむやみに削減するものではない。

*食事中に論争を始めるパートナー・・・できれば別々に食事する

*TV番組・・・食事中にニュースを観ない。環境汚染・貧困・飢饉・政治経済に関するドキュメンタリー番組を観ない。ただし食事前に好みのアクション映画(人によってはスポーツ中継)を観ると、あたかも俳優(選手)と一緒に動き回ったかのような気分になり、空腹感と食欲を増進させてくれることもある

*新しい人とデートする・・・ハイテンションでゴキゲンな気分から普段以上に食べられることもあるが、結果的には食べた以上のエネルギーを消費している。逆にマンネリの関係は体重を増加させるチャンス

*頭を使う・・・理由はわからないが、頭脳を酷使すると肉体が痩せる

*恨みを根に持つ・・・呪いの儀式のために絶食したり、一晩中目を覚まして藁人形を作ったりしないこと。

*バイオリズム・・・女性の場合、食欲が月経周期と関係する。食欲が増す時期が来たらここぞとばかりにおやつ・メインの食事・デザートを楽しむ。逆に食欲不振の時は、とにかくメインの食事だけはしっかりとれるように摂生する

*減量したい人は、逆にこの「やってはいけないこと」を実行すればいいのだろうか?・・・いや、そういう単純な問題でもない気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

無添加ケーキ

001  ティータイム……

今日のおやつは特別

:

ケーキよケーキ、

003

再びあいまみえし、わが愛しの生クリームよ

そなたのまろやかなる白きおもてを

このやいばにて切り裂くわれを許したまへ……

願わくは銀色の

かぼちゃの馬車にそなたをのせて

さらってゆかん はるか星空

雪のかわりに

生クリームの降る国へ

Kc330020

今年、達成したこと:

小宮は1kgの体重増量に成功しました(軽すぎるとBMI値が不健康&早死にゾーンに突入する)。増やした分をキープするのは容易な事ではない。努力の賜物だ……

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

大根ごはん

001  大根の葉っぱを細切りに刻んでから、水が透明になるまで洗う(最初は水が緑になる)。

 塩を適当にふりかけて、よくまぜる。

ぎゅっと絞って水気を切る。

 これを炊きたての熱いご飯に混ぜる。一回おかまのフタを閉めて(一人分だけどんぶりで作った場合もとりあえず皿か何かかぶせる)、5分くらい経ったら食べる。次の日まで残しておくと色彩が悪くなる。それでもおいしいけど。

 若葉だけ選りすぐって使うともっとうまい。大きい葉は、ごま油で炒めてかつおぶしを入れたのがほんとはうまい。

 写真はおむすびにしたもの。具にはシャケかちりめんじゃこなど入れると美味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

燃えるジンジャーエール

 子供の頃にジンジャーエールを知って虜になり、外に出かけるとよく飲んでいた。(ジンジャーエールって何がいいの?とたまに聞かれるのだが、しょうが味の炭酸飲料というわけなので、スパイシーなおいしさがある。そして甘すぎない。なにより、ちょっと大人な気分になれた。レストランで注文すると、栓を抜いたビンと、氷だけ入ったグラスに青いレモンだかライムだかのくし切りをくっつけたものが出てくることがある。こうなるともう気分最高だ)。

 アメリカにはもともと、炭酸無しのジンジャーウォーターというものがあって、農民が炎天下の重労働のさいに飲むものだったという。だいたい水1リットルに対し、リンゴ酢半カップと、ブラウンシュガー1カップ、粉末ジンジャー小さじ1を溶かしたもの(バーバラ・M・ウォーカー「小さな家の料理の本」より)。糖分とジンジャーと果実酢の効果により疲労回復をはかったようだ。

Imgp5634  いただきもののウィルキンソン・ジンジャーエール。ビンの下部がデコボコでちょっとかわいい。

 風呂上りにあけてみたら、かつて味わったことのないほど強烈にジンジャーが効いている。風呂上りというより、朝の寝起きの一杯にふさわしいかもしれない。このジンジャー味は鼻にツンとくるほど強く、不用意に一気飲みするとむせる。舌や咽喉や胃が焼けるようにヒリヒリする。ビンの特殊な形状のためか意外に中身が少なく、一瞬不満に思ったが、いざ飲んでみるとこの量で充分だという気にさせられる。これは凄まじい。ウィルキンソンとはいったい……?

カナダかどこかのブランドかと思ったら、アサヒ飲料が出しているらしい。

「ウィルキンソン・ジンジャーエール愛好会」なるものを見つけてしまった↓

http://homepage1.nifty.com/merino/wilkinson/index.html

004 空きビン。花瓶として再利用。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

お夜食の時間

Imgp5577  水300ccくらいに、

 ・固形コンソメスープの素ひとかけらを半分に割ったやつ

 ・にんにくひとかけをスライスしたもの

 を入れて煮立てる。

 ・チンゲン菜2~3枚

 ・しいたけ2~3枚

 ・オクラ3本

 などの材料を適当にスライスして入れる

 火が通ったら、

 塩とこしょう適量

 ごま油とラー油をそれぞれ一滴ずつ

 を入れてできあがり

(メイン料理が他にあるんだったら、二人でこの分量でも充分)。

Imgp5578 お惣菜。

おさしみこんにゃく青のり入り・酢味噌つき

 晩ごはんそれだけかー!?

って? いや、夕方ハンバーガーとパンケーキもいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧