映画・テレビ

2010年5月10日 (月)

「ウルフマン」を観た

T0008421p94x941  古城に森に拷問部屋と、ダークですてきな映像満載。だけど、なんだかとっても古風なホラー。唯一現代的なのは、「獣を殺すのは当然、人を殺すのは罪……でも、その境界は?」というキーフレーズだ。

そういえば同じ狼ものでも「ガリシアの獣」は、最近作られたものなのに、真の意味で古風な映画だった。どうしてかというと、「人間性=善」「本能=悪」という昔の思想をそのまんま表現しているのだ。

実際は野獣とはたいへん賢く、食べる分しか殺さない。食べられる以上の獲物を襲って散らかしていくとしたら、それは野性の本能というよりむしろ、本能が壊れた状態といえる。長い飢饉や病気で脳がイカれた個体が出るとそういう荒らされ方をすることもあったらしいが、ただ普通は、とくに狼なんぞはイヌ科だから、結束が強く、社会性が高く、いたって家族思いで子煩悩という。つまり、もし本当に狼男というものがあるとしたら、自然環境と調和し、群れて一家団欒わきあいあいとやっているはずなのである。ところが「ガリシアの獣」のように、どちらかといえば本能が欠落した、もっとも自然から遠のいた状態を逆に「獣の本能」と呼んでいた時代があるようだ。野生動物研究の未発達から、本能が汚名を着せられていたということなのか。

「ウルフマン」のラストでも、主人公がヒロインの懇願で最後に一瞬人間に返るのだが、これも愛によって獣性を克服したというよりはむしろ、「適齢期のメスは殺すものではなく温存するもの」というマトモな野獣本能が戻った、というべきだろう(しかしそれはすなわちヒトの本能で、狼からすれば人間のメスなぞどうなってもいいわけだから、「最後は人間に戻りました」という表現でいいのかもしれない)。

ところで、獣の本能という面からいえば、「ウルフマン」のパパの行動も、いったい生命体として何の利益があるのかわからない。妻は殺すわ、息子は殺すわ、息子の婚約者を自分のものにしようという野望はあったらしいが、これは狼というよりむしろサル山のボス的行動のような気がする。たしかサルには、群れから自分以外すべてのオスを駆逐してハーレムをつくる種類があったはずだ(そういえば、変身後の姿もちょっと類人猿っぽい)。遠吠えの仕方もどうも情報共有を重視するイヌ科としては変で、どちらかというと事後報告、ゴリラのおたけびに近いタイミングでやっているように見える。

しかし「モンキーマン」などといったら、なんだか迫力がなくてホラーにならない。孤独や冷徹さを表現するならイヌ科の狼よりも断然ネコ科、それもハーレム社会で子殺しを行う「ライオンマン」なんて危険でいいと思うのだが、なぜかライオンには悪役のイメージがなく、英雄扱いされる。昔の人のイメージはいい加減なもので、動物の本当の姿がいろいろわかってきている今、より現実に即した新時代の動物妖怪が生まれたらいいのに。

そこへいくと猫というのは人間の生活に密着しているだけに、古来からすべての動物の中でもっとも現実に近い姿で描かれてきたという気がするのである。

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

ヨコシマ目線 T4

51uddv3vbl_aa240_1  レンタルカードの更新期限がせまっていたので、いそいで出かけて行って、まだ観てなかった「ターミネーター4」のDVDを借りた。パート3で「もう飽きた~」と思ったはずなのに。

ターミネーターは私の人生とともに続いてきたといっても過言ではなくて、なんだかこのままずるずると、生涯を通じて観ることになるのだろうか。

 パート1は本当に好きで、アクションも素敵だが、サラとカイルのベッドシーンも好きだった。スリリングで、カッコよくて、なによりサラがちゃんと生命をもってあの場面を生きていた。ヒロインが完璧なヘアスタイルと厚化粧でピンヒールをはいて、マネキン人形みたいな身体を見せてるだけの、他のつまらないベッドシーンとは違っていた。あれほどイカすベッドシーンは他のどんな映画にもない、と思っていたし、友達にもそう言っていた。

ところがこの「ターミネーター1」、近年になって改めて観たら、大変なことに気付いてしまった。なんとカイルが「自分は童貞だ」と告白しているではないか。それも遠まわしでもなんでもなく、かなりはっきり言っている。

レスタト不能説(ヴァンパイアになった時点で通常の生殖能力を失うという設定による)と同じくらいブッ飛んだ。

いったいどうして、最初に観たとき気付かなかったのだろう。子供の頃のことだから、わけもわからずポカンと、映像だけ見てカッコイイと思っていたのだろうか。それとも吹き替え作者が変わって、セリフが昔と多少違ったのだろうか。

 私は「処女がいい」なんていう男は、嫉妬深くて支配欲が強そうで大嫌いである。だったら「童貞が好き」という女も同じくらいイヤラシイのではないか。これは大変だ。二度と人前で「ターミネーター1のベッドシーンが好き」なんて言えない。私はあのシーンのサラが輝いていたから好きなだけで、べつに童貞が好きなわけでもなんでもない。

 だいたい、いい年した童貞なんていう現実にいそうな生々しいもん、銀幕の中にまで出してくれなくていいのに。

とはいえ、パート1が作られた80年代当時のアメリカではあれが新鮮だったのかもしれない。それに、あの場面のカイルの一連のセリフが、ある種の女性の自尊心をくすぐるかもしれないというのも、わからないでもないのだが。

 とにかくこのカイル・リース、最初で最後の情事に一発命中で子供を残していったという、すさまじい生命力の男である。そして「T4」に出てくるのは、未来世界で生活している10代のカイル。かわいくて薄汚れてて、声がとっても素敵。この頃からすでにタフガイ。当然童貞なんだろうけど、この顔だとまだ違和感ない。で、あの年下の女友達ともなぜか結ばれることなく、サラのもとにたどりつくまでに長い道程が待っているわけね……。

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

重そうな男が四つ足で走ったり、トランプが赤く光って襲ってきたり

333627_0021 「ウルヴァリン X-MEN ZERO」観てきました。

ミュータントですごい長生きのローガン。たまに妖怪だとかヴァンパイアだとか、不死身の人々が妙に情熱的に生きている話を見ると「よく退屈しないなあ」と思うのだが、こいつは危険に巻き込まれてばかりいるから退屈しないのかもしれない。しかも軍隊生活が長いものだから、材木屋になって新婚ゴッコをしていた冒頭の時期が、たしかに一番新鮮だったんだろう。ところがそこへ、イカれた兄がやってきて彼女を殺してしまい、これは復讐せねばならんということになり……

と、昔のアクション映画伝統の展開と、舞台も由緒正しく、材木置き場の倉庫の薄汚い酒場……などと、ギャグのようになってきた。でもその後からだんだんスリリングな話になってくる。

ローガンの特徴はもう知っているし、ヒロイン・ケイラの力も映画的には地味。でも、意外にいろんなミュータントがちょこちょこ出てきて画面を飾ってくれる。だいたい役者が出揃って「まあこんなもんか」とあきらめた頃にセクシーなポーカー男が登場したりする、あのタイミングも絶妙だ。島に囚われていた子たちの中にいた、青白い黒髪の双子の少女はどんな能力者なのか知りたかった(残念ながらこの二人は力を使う場面がなかった)。

ローガンはあまりやらないのだが、ビクターは急ぐ時や斜面を登るとき、四つんばいで走る。これが変身するわけでもなく、重量感のある中年男の姿のまんま両手をついて、黒いコートをハタハタさせて音もなく走るのだ。映像が巧みなせいか、それほど不自然には見えない。「アレッ」という間に気がつくと四つんばいになっていて、「あ、この人、その方が速いのね」とわかる。次の瞬間ふと冷静になって、実はものすごく滑稽な図だと気付く。とにかく映画全体の、本筋とは関係ない端々にこの「アレッ」「なにソレ!?」「ちょっと待ってよ」という手品のような不思議な映像がちりばめられている。これぞ映画のおいしさ。

ところで、最後にミュータントの生首が「シィー……」と言ったように聞こえたが、これは「自分の居場所を知らせるな」という意味の「シーッ」だったのだろうか、それとも「Shit!」を長く引き伸ばして発音したのだろうか?

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

スタートレック

329887_0041  スタートレックの映画観てきました。

アメリカのファンはずいぶん熱くて、スタートレックやおい(!)なんかもあるらしい。そのカップリングは、たとえばカーク船長とスポックだというのだが、私がTVシリーズをちらっと観た限りでは、2人ともいい年のオジサンだったはず。なんでまたあの2人が!?と不思議で、ずっと気になっていたが、この映画を観て謎がとけた。

誰しも最初からオジサンだったわけではなく、あの2人にもこんなカワイイ時代があったのね~というお話でした。

2人は訓練中の士官候補生で、破天荒でプレイボーイ系のカークと、クールな優等生タイプのスポックが出会って、あ、そういうことー。そんな個性のまったく違う2人が初めて宇宙船に乗り込んで、当然ハプニング満載で異星人が襲ってきたりするのね。うんうん。そして2人は反発しながらも惹かれあい、衝突しつつも事件を通じて仲良くなって、最後は一致団結して活躍しちゃったりなんかするわけね。なるほど、あー、確かに魅力的なカップリングかもしれない。

というわけで、「あの2人はアリでした」という、ただそれだけを確認しに行ったようなものだった。

(ところで、ファンならば「カークとスポックがずっとエンタープライズ号のクルーとして、中年になってもおじいさんになっても、末永く硬い絆で結ばれる」という結末を知っているわけだ。これだけ先がわかってしまっている中でやおいを作るというのは、どういうものなんだろう。これでは、五里霧中の不安定で未来のわからない中でキラキラと火花を散らす刹那の快楽……みたいな表現はしずらい)。

 他には、あんがいクリーチャーも少ないし印象薄くて、「あの2人以外にカップリングをつくるとしたら、ロシア語訛りの操縦士17歳と、うーん相手は、やっぱカーク?」などと考えているうちに終わった。TVシリーズはもっと味があって、哲学的だったりしておもしろかったはずなんだけどな……。

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

「アンダーワールド ビギンズ」を観た

S0031  お城と血とクリーチャーを見てきました。

どのシーンもすべて青っぽくて薄暗く、血の色だけがとっても鮮やか。この海底のような色のまま行われるソーニャとルシアンのラブシーンが不思議で、女の皮膚が水色に、唇が灰色に見える。それでも綺麗だ(しかし恍惚感を映像で表現しようとしたのか何なのか、ルシアンが崖から落ちそうで落ちずにフワフワしているのが変で脱力)。

「アンダーワールド」は一作目から、ヴァンパイアが高級そうな邸宅をかまえて女も交えて優雅に暮らしているのに、狼男は薄汚い男ばかりで基地も廃墟のような物悲しい生活ぶりだったが、その起源がわかる。これはほとんど、ヴァンパイアの支配に闘いを挑んだ革命家ルシアンのお話。

この頃はビクターの性格がまだ時代とそんなにズレていなくて、住民の血と貢物を吸い上げるという、まさにヴァンパイアな生活をしている。ただ吸血鬼なのは中央政権だけで、地方の領主のような人々は普通の人間のようだ(何かがおかしいとは思っているらしい)。

 個人的にタニスが気になる。ヴァンパイアなのに妙に人間味のある中間管理職ぶり。城が攻撃されているときなぜか巻物をいじっていて、ビクターに「そんなことより長老を起こせ」と言われたのに、けっきょく長老らしき人物は出てこないし、いつのまにか船で逃げた。

 それから何百年も経って一作目の現代のお話に至るわけだが、狼男の生活がいまいち冴えないままなのはどうしてなんだろう。そもそも彼らにはいい家に住みたいとか、女をはべらせたいという願望がないのだろうか。封建的なヴァンパイアはともかく、ルシアンは進歩派で、革命家としての性質を与えるなど美化しているから、贅沢させるわけにいかないのだろうか。

 そういえば、おやつ節約のために水筒とおむすびをバッグにしのばせて映画館に入った。気がついたら、ルシアンが衛兵を食い殺して血まみれで「うがーーーッ」とやっているのを見ながら玄米おむすびをほおばっていた。やはり映画にはスナック菓子が似合うのではないか、と思わないでもない。スナックの映画館価格をやめてコンビニ並にするか、高いけどおいしいか、どっちかにしてくれるとありがたいんだけども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

「BOY IN THE BOX」

41tgjtwuw5l_aa240_1  映画はたいがい字幕版しか観ないのだが、前半部分のセリフがワケわからなすぎて、日本語吹き替え版にしてみたり、そのあと関西弁吹き替え版にしてみたりして、けっきょく3回も観てしまった。姉と彼氏のベッドシーンやパパのおトイレシーンは関西弁バージョンの方がおもしろかったりする。ただ流血場面は標準語がイイ。

 お岩さんを子供っぽくしたような人物だったのが封印され(?)箱の中に住んでいるジョージ。箱の中から液化して出てくるシーンが素敵。キャラクター的にリングの貞子ほどの迫力はないんだけれども、このSFXだけならTVから抜け出るよりすごい。鍵穴からニュッと出てくる様子が、何度観ても生々しくて不思議だ。床にべっちょり腹ばいになった姿や、人面猫になった姿がエロキモかわいい(これはなんと便利なギャル語だ)。このジョージ入りの箱ほしい。ただし眼球を奪われる危険がある。そんな彼を父がどこまでもかばおうとするあたり、やはりボーイ・イン・ザ・ボックス、箱入り息子なのか

(それにしてもこの箱から出るシーン、「アラジンと魔法のランプ」的な、自分の中の少女の感性で見るからこそあやしく魅力的なのであって、ふっと大人目線になって「鍵穴→出産と成長の短縮」などという連想をはじめたらもうダメで、本気で気色悪くなってくる)

 この監督は日本人で、「スピーシーズ」にも参加した特殊メイクアーティストらしい。変な映画と見せかけて、妙にきっちり伏線が張ってあったり、うまくコンパクトにまとめられたストーリーがあったりする。でも1時間もないのにレンタル料は120分作品と同じでやや損した気分。

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

たまたま「ゴシカ」

31s0q30x1hl_sl500_aa192_1  なんとなくTVをつけたら、偶然にも深夜放送の「ゴシカ」が始まるところだった。まだ観ていなかったからDVDを借りる手間が省けた。新年早々ラッキー。

これぞ深夜放送にふさわしい、ひさしぶりに「うわー、幽霊だ」という映画だった(謎解きや現実の犯罪もからんでいてサスペンス風でもあるが、幽霊が本物だという話になってくると、やはりオカルトの世界である)。

この10代のブロンド娘の怨霊が、なかなか凄みがあって魅力的だった。激しい怒りの表情を持ち、湿った髪や傷だらけの肌の質感は生身に近くて、訴えるというよりは体当たりでぶつかってくるような、あの世とこの世のスレスレの距離感。幽霊は死者としての「静」の部分と、能動的で攻撃的な「動」の部分をあわせもつことになるのだが、彼女は「動」の要素の強い、わりと機動力のあるタイプなので、最初のうちは幽霊というより悪魔か魔物だと思っていた。手から炎は出すし、カマイタチだし、ワケがあるとはいえ主人公の旦那を切り刻むという残虐ぶりもけっこう悪魔的である。そして、敵なのか味方なのかよくわからない。けっきょく正でも邪でもなく、彼女自身の都合で動いている。コワさやワルさなど魔の部分もありつつ、クライマックスでは敵が一致するのでちょっと助けてくれたりする。主人公も知的でタフなデキる女なので、この主人公にしてこの幽霊か……という、なんだかバランスのとれたいいコンビネーションだった。人間が強すぎると霊が物体と化してしまい、霊の方が強すぎるとたぶん「エクソシスト」みたいになってしまう。これの場合は憑依する側とされる側の個性や能力がちょうどよく拮抗して、それぞれが活躍&暗躍している感じ。

途中、旦那の秘密が古典的すぎてがっくりしそうになったが、それでもうまくテンションを保って違和感なくクライマックスにもっていった。さすが。主人公の精神科医役のハル・ベリーは私にとってはキャット・ウーマンやストームなので、また違った演技が見られてハッピー。悲鳴に絶叫、恐怖の演出もお上手。それでいて決してカッコ悪くはない役どころなので幻滅しなくてすんだ。

 そしてラストシーンがカッコよかった。私の予想では、もう一回グロテスクな霊の顔がバーンと出て終わるのかな……と思ったら急に哀愁漂う歌が流れ出して、ハル・ベリーの後ろ姿でサラッと終わった。お洒落。

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

「今日も僕は殺される」を観た

51evufeq1tl_sl500_aa240_1 「ラン・ローラ・ラン」が好きだったので、似たようなものかと思って観てみたかった。しかしこの映画、うちの近所のTUTAYAではサスペンスのコーナーに入れられていたが……怪物は出てくるわ時空は超えるわで、かなりファンタジーな内容だった。これはこれでおもしろいけど。

大学のホッケーチームの選手だったイアン。ある日、家に帰る途中で謎の生物に殺された。気がつくと生まれ変わって、なぜか会社員として働いている。またしても追っ手に殺されて生き返ると、今度はタクシー運転手になり、それから失業者になり、とうとうあやしいジャンキー男になってしまった。殺されて生まれ変わるたびにだんだん風采が落ちてくるのだが、それと反比例して次第に真相に近付いてゆく。

 不死身の一族はどうして時計を止められるのか、不死身のはずの彼らを殺す方法とは何だったのか、などは結局よくわからないまま。最後まで観ても謎が解けたというより「まあだいたいわかったけどね」という程度で終わった。そういうのもありなんだろうけど。「ハーベスター」はたぶん西洋人の考える堕天使みたいな、もともと力のある霊的存在が怪物化したようなもの。しかもその暗黒側にいたのが愛を知ったとかなんとかで、堕ちたところからまた上がってくるような筋立てがおもしろい。融通がきくというのか、何というのだろうか。これと逆で、「人間的な情を知ってしまったために滅びる、もしくはなんらかの力を失う」的な設定もあるのだが、この悪魔はかえって強力化したうえに、最後は追い詰められる立場から逆転し、すべてを手に入れた幸せ者な感すらある(でも昇華に失敗した例としてガイド役の年長の魔物がいる。つまり万にひとつの成功例ということなのか)。

製作のウィンストンは特殊メイクの権威らしいのだが、それにしては(だから?)ちょっと地味なクリーチャーでがっくり。あんまりインパクトない。ただ、最初からオバケの全貌を見せずに、影か煙みたいにしてあるのは良かった。イアンが真の姿になるとなぜかロンゲで、デスメタルのジャケットのよう。そういえば彼は大学生からサラリーマンになったり、タクシーの運ちゃんになったりするたび、肌の質感が微妙に変わっている。あれはメイクなのか、それともCG処理なのかよくわからないが、芸が細かい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月29日 (月)

オールナイトDVD鑑賞会 in MYルーム

51fjveh4wxl_sl500_aa240_1_2まず「バイオハザードⅢ」

 久々にバイオハザードのテーマ音楽を聴いてゴキゲン。アリスのコートとミニスカとブーツがステキ。あの服欲しい。でももうぜんぜん怖くないよ、この映画……。ホラーというよりサバイバルアクションだ。10代の頃大好きだったな、こういう映画。そういえば景色というか絵図が、「マッドマックス」などなど昔観たいろんなSF映画に似てる。懐かしい。

61pzqbpbcel_sl500_aa240_1 「アンナ・カレニナ」

 ヴィヴィアン・リー主演のモノクロ映画。トルストイ原作。トルストイは以前からいけすかないじいさんだと思っていたが、この映画を観てますます嫌いになった。こんな説教くさくなっちゃうのは、製作の問題というよりやはりトルストイ作品なんかを扱ったせいに違いない。男から男へと乗り換えた女性は、最初の夫と添い遂げた女性と比べてとくに不幸でも幸福でもない(つまりどんな生き方にもそれぞれメリットとデメリットがあり、こうすれば絶対幸福というのはない)というのが私の世界観なのだが、このストーリーはかなり恣意的に現実から逸れている。リアリティを失わせてまでアンナに天誅を加えたいなんて、トルストイってきっとよっぽどダサい男なんだわ。塩まいておこうっと。

51sn2i5d5gl_sl500_aa240_1「俺たちフィギュアスケーター」

 コメディやスポーツものってぜんぜん興味ないんだけど、このDVDはパッと目を引かれた。私も子供の頃「お母さん、どうしてフィギュアスケートには男同士や女同士のペアがないの?」ときいたことがある。だってもしも女二人で色違い(1人が白でもう1人が黒とか)のおそろいのコスチュームで、手をつないでクルクルしてたらフツーに美しいじゃないですか。そしてきっと姉妹ペアとか出てくるの。男子シングルを見てて「あの選手とあの選手がペアだったら」と思ったことも。みんな同じこと考えるんだな。

519aqev1bl_sl500_aa240_1 「スウィーニー・トッド」

 いよいよ本命のスウィーニー・トッド。やはりティム・バートンの映像は最高。さすがにやや眠くなってきていたが、観ているうちにだんだん目が冴えてきた! これはほんとにホラーチック。たぶんスウィーニー・トッドは、ダークヒーローというよりは「ちょっとかわいそうな過去を持つ悪役」の部類に属するんだろう(このふたつは似て非なる不思議なもの)。トッド氏やパイ屋のおかみが悪魔化するのと比例して、完全脇役だったはずのボーイソプラノ担当トビー君がだんだんキラキラ輝き始める。そして天使の残酷さでいきなりスパッと幕を引く。この存在感はなんだか魅力的で、トッド自殺で終わるよりイイ。ディケンズならトビーを主人公にするんだろうし、正統派英国産ゴシック小説ではアンソニーあたりが主人公になるはず。そういえばアンソニーは「馬車を調達してくる」というセリフを最後に消えたが、その後どうしたんだろう。散々むちゃくちゃしといて若手には希望を残すあたりはバートンぽい。

 そして就寝。映画の観すぎで変な夢みた。

 

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

「ダークナイト」

329605_100x100_0141  気になっていた「バットマン/ダークナイト」を観た。

 改良したバットマンスーツを試着するシーンで、「犬に襲われても平気か」「猫なら大丈夫」というやりとりがあったので、「もしかして、キャットウーマン登場!?」とトキメきながら観ていたが、やっぱり今回も出てこなかった。ああ……いったい、いつになったらキャットウーマンに再会できるの?(ところで、ハル・ベリーもよかったけど、個人的にはミシェル・ファイファーが演じたときのキャットウーマンがなんといっても一番イイ。監督がティム・バートンだったからかもしれないけど)。

 ちなみにバットマンとキャットウーマンがカップルとしてうまくいかない理由がいまひとつわからなかったのだが、「バットマン・ビギンズ」を観たら、ものすごーく納得した。たしかに、ぜんぜん相容れない。キャットウーマンがあんな男とうまくいくわけない。だって魅力ないんだもん、バットマン。ほんとウザい男。あの正義がどうのこうのという、ガチガチの、これでもかとばかりのバットマン理論みたいなのを観てると、もういっぱいいっぱい。体内で固まりにして、のどからゲボッと吐き出したくなる。というか、実際吐き出しちゃってるらしくて、何も残らない。なんだっけ。なんか変な映画観たなぁ~。

 というわけで今回は、やはりバットマンの世界にはキャットウーマンが必要不可欠だと再確認したのでした。あの白黒にとらわれない自由で曖昧な存在感があってこそ、バットマンが引き立つんではないのか。キャットウーマンのいないゴッサムシティは、味のないピザだ。香りのないコーヒーだ。不二子のいないルパン3世(ってありえないでしょうが)。

 でも、ジョーカーはかわいかった。口が裂けてるという設定にリアリティをつけるためなのか、喋るたびにむにゃむにゃというか、くちゃくちゃというか、変な雑音をつける演技があやしくてグー!

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)