じつはインコとのおつきあいは小学生いらいだったこみや。
もっていたはずのインコ本もみつからないので、あたらしい本を買いました。
「知らない間に鳥類の研究が進歩して、内容がめちゃめちゃマニアックになってる!」だって。