dark-sky.cocolog-nifty.com > そらまめ BEGINNING

#001

#001

 まえのパートナーだったうさぎさんを亡くしてもうすぐ一年になるこみや。
 ペット禁断症状にたえかね、放心状態でペットショップをさまよっていたところ、ぼくの美貌にひとめぼれ。
 「ふふふ……一年分ためこんだ愛をこめて、どっぷりかわいがってア・ゲ・ル」だって。


#002

#002

 7がつうまれのぼく。
 まだこどもなので性別はわかりません。
 でも、あんまり声が美しいので「男ではないか」ということになりました。
 鳥の世界では、すごく声がいいとか、すごく色がきれいなのは、たいがいオスなんだって。


#003

#003

 なかなか名前がきまらず、「アイツ」「2079円」などと呼ばれていたぼく。
 でも、きょうからぼくはソラマメです。


#004

#004

じつはインコとのおつきあいは小学生いらいだったこみや。
もっていたはずのインコ本もみつからないので、あたらしい本を買いました。
「知らない間に鳥類の研究が進歩して、内容がめちゃめちゃマニアックになってる!」だって。


#005

#005

 本を朗読してもらったので、ぼくはかしこくなりました。 

 たしかに、ぼくはお金でかわれた身です
 でも、これからはこみやの対等なパートナーとして生きていきます
 だから、ペットと言わないで「コンパニオン・バード」と呼んでください。

 こみやは昔風に「愛鳥」と呼びたいそうです
 (しかし前に友達に電話で「愛鳥が欲しい」と話したら、「愛妾が欲しい」と聞き間違えられ、しばらくそのまま会話していたそうです)


#006

#006

 室内用の小ケージ
 ぼくのふだんのへやです


#007

#007

 こちらはベランダにある、ぼくのスポーツジム
 天気のいい日はここであそびます。

 うさぎさんのケージを改造してつくってもらいました。
 すき間から脱獄しないように、金網をはってあります。


#008

#008

 こみや帰宅。
 ぼくもお部屋に戻って、夕食です


#009

#009

 夕食がすんだら、あそぶ時間

 ぼくのかんがえたゲーム。
 まず、コルクの栓をつついて動かします


#010

#010

 よいしょ、よいしょ


#011

#011

 さいごは床に落っことし、こみやに拾わせて遊びます


#012

#012

 これはぼくのブランコ。
 こみやがむかし描いたという油絵(模写だそうです)
 
 


#013

#013

 こみやといっしょにテレビをみます(ほんとは音をきいてるだけ)。

 ぼくはとってもマイペース。まわりがどんなに明るくても、音がうるさくても
 夜9時をすぎるとねむくてウトウト……


#014

#014

 部屋につれ戻されてしまいました
 カバーをかけて暗くしてもらって寝ます
 それではみなさん、おやすみなさい